2017年06月26日

GT Force Proのメンテナンス

最近DiRT Rallyのおかげでハンコンを酷使していたせいか、
久々にGTFPが200度から900度に切り替わらない病が発病。
以前分解したときには写真も何も撮っていなかったので、
今回は記録を残しておくことにした。
続きを読む
posted by ebit at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

はじめました

最近RaceOnをポチっとしてまた始めたので、
久しぶりに放置してたブログをちょと触ってみました。
まずはブログペットに支配されていた記事あたりから・・

先日RaceOnのレース中にフリーズしてHDDの末期症状を確信し、
特に調べもせずに5〜6年前の脳みそでパソコン屋さんに行って
Seagateの1.5TBのHDDを買ってきたんですが、
何となくネットで調べてみたら地雷なんですか・・?
Seagateだけは鉄板という思い込みがあったのですが。。
今のところ代替セクタというやつは出ていない様なので、
ドキドキしながらよいお年を過ごします。
ちなみに前のHDDはバックアップ中にお亡くなりになりました。

最近HDDが1年ペースで飛ぶなぁ・・・
前の家の電源事情が悪すぎた(瞬停起きまくり)のがいけないんだろうけど・・
posted by ebit at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

なおったーー

オートキャリブの不具合で全く動かなかったGTFPですが、
FlatTwinさんの情報提供により、めでたく直りました!
情報を教えてくださったFlatTwinさん、
不具合解決法を記録に残してくださったKenny39さん、
ありがとうございます。m(__)m

根本的な原因は何だったのか解らずじまいですが、
とにかくバネが不具合の原因だったという事だけはわかりました。
今後のためにこういった情報は
なるべく多くの場所に記録しておくべきだと思うので、
僕も一部始終をここに書いときます。

まずは具体的な症状ですが、

1.オートキャリブレーションが終わらず、何度も繰り返す。
2.900度モードから200度モードに切り変わる際に、
カシャッといわずにガシャピーガシャという音がする。
3.最後は左右両方のランプが点滅したまま無反応になる。

といった感じです。

特に、2のガシャピーガシャという音がポイント?です。
ハンドル部分を分解して観察してみると、
ちょうど中央の所に900度と200度を切り替えるために
前後にカシャッて動く小さな白い部品があります。
900→200とモードが切り替わる際に、
この部品が200度モードの位置(前方)にうまく収まらずに、
瞬時に900度モードの位置(後方)に戻ってしまうため、
キャリブレーションが正常に終わらず、
さらに変な音がしていたのでした。
この部品の端っこに小さなバネがついていまして、
どうやら、白い部品がスムーズに前後の端っこまで動くための、
サポートの役割をしているみたいです。
真ん中あたりの中途半端な位置にいる時だけ、
バネが縮んで部品を押すようになってるんですね。

んで、今回、Kenny39さんの事例を参考に、
このバネを思い切って外してみました。
すると、なんと正常にキャリブレーション終了!
別に正常に動くのならこのままでも良かったんですが、
なんとなく気持ち悪いのでバネを同じ様に付け直して、
再びキャリブレーション→正常終了!!
その後、何度かテストしてみましたが、
今の所何事も無かったかのように正常に動いております。
ちなみに、バネ自体には何の細工もしておりません。

僕の想像するに、引越しのトラックの中でガタガタ揺られたせいで、
このバネの配置が微妙に狂っちゃって、
白い部品がモーターで前へ動こうとするのを
バネが押し返すような状態になってしまったのではないかと思います。
なんとなくですが、手で動かしてみても、
バネを外す前と付け直した後で感触が違う気がしました。
なんかお粗末なレポートですが、とにかく、
上記の1〜3ような不具合が出た時は、一度バネをいじってみて下さい。
ということで、どう見ても復活です。本当にありがとうございました。

こうやって文章で書いていると、
せっかく30M画素の超高性能カメラ付き携帯に買い換えたんだから、
分解した時に写真に収めとけばよかったと今更ながら後悔。w
(注:Mはメガではなく、マンです。)
posted by ebit at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ちばしがさが

というわけで滋賀からこんばんは。
ネット開通しました。
部屋の片付けなども一段落ついて、
そろそろGTFPで遊びたい頃なんですが、
あまり今まできいた事の無い不思議なトラブルに悩まされています。
キャリブレーションが正常に終わらない・・・
駆動装置自体は正常に動いていると思うのですが、
普段なら900度モードから200度モードに切り替わるはずの場面で、
900→200→900となぜか一瞬で元にもどってしまい、再キャリブレーション。
という作業を3回ほど繰り返した後、左右のランプが同時に点滅したまま無反応になります。
うーん、どうも回路系のトラブルのような気がする・・
とりあえずロジに問い合わせてみますが、
同様の事例や解決策をご存知の方は是非教えてください〜
posted by ebit at 21:41| Comment(3) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

復活・・したのか?

M/Bが帰ってきました.
早速組み直して,正常に稼動するところまではいったのですが・・
H/W Monitor→PC Health Status→Battery→相変わらず1.7V・・
本当に直したのかこれ?
検証報告書には,
「症状:ボタン電池の消耗が激しい,チップセットファンから異音」
「症状を確認しました」「備考:チップセットファンを新品に交換」
と書いてあります.

あんまりそういうこと言うのは嫌だけど,
これはちょっとサポートに確認して場合によってはゴラァ!しなくてはいけないかも.
1.7Vでも正常に動くように修理してくれたんだと信じたい.
でないと3週間が全くの無駄に終わります.
時期が時期だけに溜まってる作業もいっぱいあるのに・・
posted by ebit at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

というわけで・・

マザーボード入院させました.
本国に輸送されるので3週間〜1ヶ月くらいの長期入院となります.
その間PCゲームはしばらく休業します.
うぅ・・
posted by ebit at 21:03| Comment(3) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

決断の時・・

ええ、もう、なんとなくっていうか薄々っていうか、
ほぼ気づいてたんですが、見て見ぬふりをしてたんですが、
昨日勇気を振り絞って探してみました。

何の事かと言うと、M/Bのボタン電池の消耗が異常に激しい件です。
K8Nneo4のまとめサイトらしきページにたどり着きました。
M/Bに間違った抵抗器が配線されていることによる不具合だそうです。
どれどれ、BIOSのPC Healthなんちゃらの項目を覗いてみると、
Batteryの電圧値が、本来なら3Vなければいけないはずなのに、
1.8Vしか出てません。ビンゴっす。orz
つまり不良ロットだったと・・

というわけで、今までの不具合も多分、これが原因だったのでしょう。
そろそろ決断の時かな。修理に出すしかあるまい。
思い切って新しいの買うぜー、ってほど余裕もないもんな。
チップセットファンも逝かれてしまったようなので、
ちょうどいい機会かも。
それにしても、半年でファン壊れちゃったけど大丈夫なのか?
7000RPMでずっと回り続けてて、本来どれぐらい持つ計算なんだろう・・・

一番の問題は修理にどれくらい(期間)かかるのかという・・
posted by ebit at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

新品のにおい。

GTFPは帰ってきました。
(ある意味)狙い通り交換良品が送られてきました。
新品のにおいと、少しスムーズなギアノイズ。
型番は確認してないんですが、
まあ何型だろうともう半年後には保障は効かないんで大切に使います。
新しいコイツは電源を入れた直後からペダルの踏み込みが安定してます。
以前検証したように、何度か目いっぱい踏み込んだりする必要も無いようです。
やっぱり個体差(もしくは型番による差)は結構あるのかなあ。

しかしレースゲームに対する僕のモチベーションが今あまり上がってません。
posted by ebit at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

BIOSとんだ・・?

これ以上Hardwareカテゴリの記事は増やしたくないんですが・・

突然ものすごいPCがカクカクし始めて、
最初はソフトのバグかなんかかな?と思って、
必殺CTRL+ALT+DELで強制終了させて再起動しようとしたんです。
しかし、「シャットダウンしています」画面で固まる。
ありゃーなんじゃこりゃーと思ってリセットスイッチをポチ。
そしたら、なぜかCMOSが初期化されてしまいました。
ん?おかしいぞ?とりあえずBIOS画面で時計とか合わせて、保存&再起動。
再起動・・・しない。なぜだ?
またリセットスイッチをポチ。
初期化されたBIOSが起動。設定→保存&再起動・・・しないっすーーー。
CMOS保存できないじゃんカー。
伊賀の里に伝わる秘伝の技「ボタン電池抜き」を実行。
設定→再起動・・・おお、直ったー。よかったよかった。

2時間後・・
PCを再起動すると、またCMOSが初期化されてる・・んん?
今度は、CMOSクリアしようがボタン電池を抜こうがてんでダメみたい。
しかも、設定の際にだんだんキー入力を受け付けなくなってきた。
なんじゃこりゃーーーー
とりあえずBIOS画面より先に進めてみる。
なんかたくさんエラー表示が・・
Keyboardに、Displayに、CMOS BATTERY LOWに・・
ん?もしかしてボタン電池の電池切れ?
早速近所の99ショップでボタン電池を買ってきて、取り替えてみる。
キーボード動いたー、設定保存できたー、再起動でキターヽ(^o^)丿
で、とりあえず今のところ普通に動いております。

もしかして今までの不具合って全部このボタン電池の仕業・・?
しかし、3ヶ月で電池切れるってのはなんかおかしいような。
やっぱりマザーが不良なんじゃないかという気も・・
次は2週間後くらいですか・・?^^;;
posted by ebit at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

orz orz orz

今度はGTFPが逝ってしまわれました。
前々からブレーキが踏みっぱなしになる症状はあったんですが、
USBを挿しなおすことで直ることが多かったので
そんなに気にしてませんでした。
しかし、PCの調子が悪くなる少し前くらいから、
走行中に突然ブレーキ踏みっぱなし症状が出るようになって、
昨日走行中に終に無反応という最悪の症状が出始めました。
ブレーキが踏みっぱなし云々なら、抵抗器の問題だと思ってたんだけど、
操作中に度々無反応になるのはこれ如何に。
もしかすると回路故障とかコードの接触不良などかもしれません。
なぜか200度モードではほとんど症状現れないし・・
ということで、修理に出すつもりなのでまたしばらくレースシムはお預けです。
そもそもここ最近ほとんど走ってなかったけど。

そんなわけで昨日ご迷惑をかけた皆様すみませんでした。m(__)m
posted by ebit at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

sambadecomposeは魔法の合言葉

突然、息を吹き返しました。
謎が謎を呼ぶ今世紀最大のミステリーです。

土曜日に壊れている(と思われる)ビデオカードを持って、
ショップまで行って、動作確認してもらいました。

とりあえず問題のビデオカード+ショップのパーツで起動

画面表示されず (やっぱりこいつだったかー)

ビデオカードを代替品に替える
店員さん:「これで映らなかったら困るよねーハハハ」

画面表示されず (あれ?あれ?)
店員さん困惑。メモリを替えたりあれこれ。

代替カードではなんとか無事に映るように
(この時点でなんか怪しい空気に気づいてれば・・)

再び問題のカード挿入。

普通に映る。(ええーーーーっ)

・・ということで、ビデオカードは壊れてないんじゃない?
っていう結論に達してしょぼーんと帰ってきたのであります。
その日の夜、マザーにもう一度ビデオカードを挿してみる。
あれ?画面表示された・・・なぜだーーー
しかしその後再起動→ピーーーーーピピ orz
調査の結果、どうやらたまに正常に動く事があるようです。
ますます原因が分からなくなってきた。うおーーーーー!

そこで、
2日目(日曜日)、めんどくさかったけどすべてのパーツをばらして、
電源、メモリ、CPU、マザー、VGAの5点セットを持って再びショップへ。
まず、「やっぱりビデオカードが怪しいと思うんですけど、」
って再びVGAを調べてもらう。
昨日とは打って変わって、百発百中で正常起動。
ええー、「じゃあマザーかなあ?」
って今度はマザーを調べてもらう。
まずは、問題ビデオカードとマザーの組み合わせ。
やっぱり画面が表示されない・・
店員さん:「ああ、本当ですねぇ」(てことはマザーか?!)
VGAをショップのX300に替えてみる。
ところが、こちらは何度やっても正常起動。
うーん、うーん、と悩む。w
もう一度問題の組み合わせで起動→あ、映った。
「でも、たまにこうやって正常に起動するんですよ。再起動するとまた・・」
再起動→正常 (あ、あれ?)
再起動→正常
再起動→正常
再起動→正常
・・・・・・・・・以下延々と続く。

店員さん:「あー、これはまた例のアレかもなぁ・・・」
聞くところによると、マザーもビデオも多分正常なんだけど、
たまにこうやって動かなくなったときに、
何か他のパーツを挿すことによって突然直る事があるらしいという話です。
その後何回再起動しても正常に起動。
ということで結局なにも修理に出さずに帰ってきました。
で、現在その壊れていた(はずの)PCで普通に書き込んでます。うげーー。

これショップの人が見てたら分かっちゃうね。
今回もお世話になりました。
ほんと丁寧に相談に乗ってくれるからありがたいっす。
またお世話になります。
posted by ebit at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

またか・・・

御社を死亡致しました理由は・・・

電源オン

しばらく無反応

ピーーーーーピピ(モニタもしくはビデオカードの異常を示すビープ音)

画面表示されず

HDDだけが無常に動き続ける(どうやらOSはちゃんと起動している模様)

困った時のCMOSクリア

電源オン

しばらく無反応

ピーーーーーピピ

画面には何も表示されず,無反応(BIOS画面を表示中?)

.......orz

8割方ビデオカードがお亡くなり説だと思うのですが・・
あうう,修理だけでも一ヶ月はかかると聞きました.
まだ3ヶ月しか経ってないぞ・・続きを読む
posted by ebit at 13:31| Comment(4) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

モニタ&最近の疑問

そういえば,モニタその後について書いて無かったですね.
オークションで落とそうかと思っていくつか入札したんですが,
いいやつを狙いすぎて結局すべて競り負けました.
そんなわけで途方に暮れていた所,
たまたま友達が要らなくなったPCを捨てるというので,
「じゃあモニタだけちょーだい」と言う事でタダでもらいました.w
(正確には別の友達に車で運んでもらった時のお礼としてジュース代のみ)
17インチCRT,フラットではありませんが,綺麗に映ります.ありがとー友よ.
マイコックピット写真でも載せたい所ですが,
デジカメはおろかカメラ付きケータイすら持ってないので・・^^;;

話は変わってGTFP+4.60ドライバなんですが,
再起動するたびにペダルのキャリブがおかしくなると言う話を以前にしました.
そういえば,4.60からキャリブレーションの設定が無くなりましたね.
どうも見た感じ,PCを起動して最初にペダルを踏み込んだ際に,
キャリブレーションを同時に行っているように見えます.
PCを起動して,ペダルの踏み込み量が分かるソフトを何か立ち上げて,
最初に一度踏み込みます.その時,OS側では必ず反応しません.
そしてペダルから足を離す時に一度ピクっと反応します.
2度目に踏み込んだ時には,実際の踏み込み量が60%を越えたあたりから,
OS側ではずっと100%踏み込んだ状態になってます.
そのまま一番奥まで踏み込んで,またペダルから足を離します.
3度目には,実際の踏み込み量とOS上の踏み込み量が正確に一致します.
うちの環境ではこの状況,ほぼ100%再現性があります.
だから,PCを起動して最初に踏み込む再に
同時にキャリブを行っているのではないかと勝手に推測しているわけです.
ハンドルの方は電源が入る度に勝手にキャリブを行うので問題ないですね.
しかし,一つ疑問がありまして,
Frexのペダル(特にブレーキペダル)は,
最後まで踏み込めない構造になっていたような気がするんですが,
これだとFrexのペダル使ってる人は困るはずです.
なにせ,PCを起動する度に一度最後までペダルを踏み切らないと
正確なキャリブレーションが行えないわけですから,
Frex使っている人で4.60使っている人はどのようにしているのか,
知っている人がいたら是非教えてください.
と言うよりは,上記の症状が家の環境だけで現れるものなのか,
4.60使っている人はみんなそうなのかが知りたいのです.
前にTomonoさんとちょっとその話をした時に,
「Jackさんのサイトにある4.60ドライバを使うと,キャリブ狂わないよ」
と教えてもらって試したのですが,家では症状は変わりませんでした.

あと,もう一つ,
たまに何も踏んでいないのに
ブレーキペダルが20%ぐらい踏み込まれた状態になっている事があります.
これも,最初はよく言われる抵抗器のヘタリが問題かなと思ってたんですが,
USBを一度抜いて挿し直すと必ず直ること,
(バグって)踏み込まれている量が必ず一致してること.
という点から,GTFP固有の問題(回路とか,電源容量不足とか)
もしくはドライバの問題ではないかと思ってます.
たしかHaruさんもこの問題は取り上げてましたね.
電源付きUSBハブを使うと改善されるとか.

Blogは便利ですがこういった情報を探すときには分散しすぎてて辛いですね.
そしてもっと辛いのは,ここに書いてもあまり意味が無いことです.w
posted by ebit at 19:19| Comment(5) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

うぅ・・

モニタがぶっ飛びました・・・
昨日これからレースというまさにその時に・・
奇跡的にその後10分間ほど復活しましたが,
今日の朝の時点ではもう完全にご臨終.モバQ
たまに映っても30秒後には画面がびょーンと縦長になってゆき
その後真っ暗になります.
8年ぐらい使ったので,まあ,寿命ですね.
しかしこの金のない時に・・(苦笑)
YahooオークションのIDを取得しようかと検討中.(笑)
しばらくは学校でしかネットできません.
posted by ebit at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

組立記録2

組立完了
マザーボードにグラボやらメモリやら残りのパーツを取り付けて、電源やらUSBやらの配線を済ませて組立完了。
うむ。余裕余裕。(実際は1時間以上かかってるのだが・・)
メモリだってほら、デュアルチャンネルだから、同じ色のスロットに挿せばほら、完璧だ。
早速電源を投入。MSIの素敵な起動画面が出てきた後、BIOSへと。
あれ?メモリとかIDEとかの認識画面はどこ?まあいっか。
とりあえず、CPU温度を確認。31℃か。
致命的な取り付け失敗はしてないみたい。

OSインストール
Win98の頃は何度も泣いた(3.1ではもっと泣いた)OSのインストールも、XPだとほとんど待ってるだけで終わるから、便利でいいねぇ。
待ってる間暇だったので旧PCでいろいろやってたら、誤って背面の電源スイッチをカチッとやってしまった。
OSインスト中にヒューンと力なく停止するおニューPC。あせあせ(飛び散る汗)
やべーHDD逝っちゃったかな?気を取り直してインストールやり直し。
(新しいHDDがジジジジとやたら五月蝿いのはこの所為でしょうか・・?)
OSは無事にインストール完了。

システムチェック
OS上でハードがちゃんと動いてるかを確認しようと思って、Everestで見てみる。
うん、CPUが3000+の1.8GHzで、マザーがMSIでメモリがSamsungで・・ってあれ?
64bitsって・・これデュアルで動いてるのか?まあいっか。後回しだ。
次はグラボとCPUの負荷テスト。
グラボのドライバを入れて、(深い意味はなくOmega1.6693)
とりあえずFFベンチ3を回してみる。Highで4000ちょい。
スコアのことはよく分からないけど、映像もちゃんと映ってるし問題なし。
それにしてもメモリが気になるな。

メモリに悩む
BIOSに戻って、メモリがちゃんと動いてるか確認。
といっても、どこを確認すればいいのやら・・
と、MSI素敵画面(笑)を無効にするオプションを発見。これだ。
早速再起動、メモリの認識画面が出てきた。
Single-channel、200MHz CL3と166MHz CL2.5exclamation&question
・・・何で?そもそも同じメモリのはずなのに。
メモリがよくないのか?
ということでMemtest86+で確認することに。
1枚目、2PASSで飽きる。エラーはゼロ。
2枚目、1PASSを過ぎたあたりで、何気なく説明書を読むと・・
なんと、同じ色のスロットに挿すんじゃなくて、隣同士の違う色のスロットに挿すんだったのかー!
早速メモリを挿し直して再起動。
今度こそDual-Channel 200MHzの表示が。よかった。
しかしこのアホなミスのために3時間も悩んでしまいました。(笑)

旧PCからのお引越し
旧PCに付けてたHDD2台を持ってきて、データの移動。
GPLなんかはフォルダごと引越しするほうが楽だもんね。
しかし、HDDを3台挿したため電源容量が足りなくなったのか?
ブルースクリーン→再起動。(HDDってそんなに電気食ったっけ?)
なんとかデータの移動は終了して、HDDを一台取り外し旧PCに戻す。
その後は2台で安定して動いているようです。

ブルースクリーン再び
温度計測しながらFFベンチを回そうとしたら、
2度目ののブルースクリーン発生。
すぐに再起動されるからエラーの内容が分からなくて困るなあ。
原因は、温度計測で負荷がかかりすぎたのか、
FFベンチの起動EXEを一度間違えて強制終了し、そのまま再び起動したためか?
その後、グラボにバンドルされてきたゲームをインストール。
しかし、なぜかグラボが最低動作環境を満たしてないよというエラーが。
さらにゲーム終了時に必ず青画面。
もしやこれは、ドライバがよくないのか?
と思って、純正のForceware76.45にした所、全く発生しなくなりました。
その後は、今のところ特に問題は出ていません。

グラボチューンアップ
元々コアクロック550MHz、メモリクロック1.12GHzの、
PX6600GT ExtremeVersionというやつを買ったはずなのに、
nVidia純正のドライバだと500MHzで動いているようなので、
コア550MHz、メモリ1.10GHzにクロックアップしてみました。
特に問題なく動いてます。
リファレンスでも550MHzくらいまでは余裕でいけるらしいので、
わざわざ高いの買ったのは無駄だった?
もしや、表記は500MHzで実際は550MHzで動いてるってことはないよね・・?
FFベンチ3はHighで5000ちょいです。

posted by ebit at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組立記録1

せっかくブログなんだから、
覚書の意味も含めて新しいマシンの組立記録を書いとこう。

パーツ購入
今回は、CPUとメモリを先に友人から買ったため、それに会うマザボを探すところからスタート。
SLIで組む予定は無いので、nForce4無印かUltraかどちらかにしようと思って散策。
結果、無印のほうが3000円くらい安かったので無印に決定。w
特にメーカーにこだわりは無かったけど、MSIは旧PCでも使ってたし、ちょうど無印のK8N Neo4があったのでマザボはこれで決定と。
グラボは元々リドテク6600GTにしようと思ってたので、特に迷うことも無く決定。
HDDはわかんないなー。とりあえずSeagateの普通のやつで。(笑)
ケースは400W電源付きで、背面12cmファンが付いてて、シャドウベイがそこそこあって、前面にUSBポートがあるやつなら何でもいいやと言うことで適当に選択。(その割には結構注文多いけど)
光学ドライブもDVDが読めれば何でもよかったので、とりあえず適当にバルクの品を購入。
さて、今回CPUコアだけを譲ってもらったので、残るはCPUクーラーだ。
とりあえずショップの店員さんに聞いてみる。
「OCとかしないんで、リテール並みの性能で安いやつください。」
2000円と2500円と3000円のクーラーを薦められた。
間をとって、2500円のScythe SAMURAI rev.Bを選択。

組立
マザボにCPUを乗っけるところからスタート。
まず、3年前と比べてやたらとでかくて重いCPUクーラーを支えるためのバックプレート装着。
マザボ背面にたくさん出てる半田付けの出っ張りが引っかかって、いきなり上手くつけられない。
少し悩んだ後、バックプレートに厚さ1mmぐらいの分厚い両面テープが張ってあることに気づく。
これ、引っかかってる部分だけカッターで切り取っちゃえばいけそうだなぁ。
一見硬そうな両面テープだったけど、カッターで意外にさくっと切り取れた。
バックプレート無事装着完了。
CPUにグリスを塗って(初体験)、上手く塗れているのかビクビクしながらクーラー装着。
この侍Rev.Bは、ツメでカチッとはめるタイプじゃなくてネジ止めするタイプのクーラーだったので、どれくらいの力で締め付ければいいのかが分からない・・
とりあえず壊れないかガクガクしながら少しずつネジを締めてゆく。
う〜ん、こんなもんかな?一応CPU装着完了。
横から見ると、ヒートシンクの位置とコアの位置が1mmくらいずれてるぞ・・大丈夫なのか?

長くなってきたので一旦ここで切ります。
posted by ebit at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

PC新調

生まれ変わりました。おぎゃー

CPU: Athlon64 3000+ (Winchester)
Memory: PC3200 512MB×2 Dual (Samsung)
M/B: MSI K8N Neo4
GPU: LeadTek Finfast6600GT TDH
Sound: Creative SoundBlaster Audigy2 Digital Audio
HDD: Seagate Barracuda 7200.7 SATA 160GB
DVD: Panasonic DVD-RAM SW-9585

久しぶりに組んだので、
いろいろ手間取って15時間もかかりました。^^;;
一昨日組みあがって、2回ほどブルースクリーンになりましたが、
今のところは特に目立った不具合は無いようです。
FFベンチ3ではHigh-5000弱でした。
ベンチマークは普段やらないので妥当な数値なのかわかりません。
ブルースクリーンの原因は全然分からないですが、
現在は負荷をかけても特にハングする様子も無く、安定してます。
最初メモリがデュアルチャンネルで動かなくて、
3時間ぐらい悩んだ・・・^^;
スロットが色分けされてたから、
てっきり同じ色のスロットに2本挿すんだとばかり・・
説明書はちゃんと読みましょうということでした。

CPUとメモリは友人からのお下がり。
なんでもデュアルコアのAthlonを買うそうで。
おかげで予定よりも安く済みました。

とりあえず、GTR、RBR、GPL、OFPの動作を確認しました。笑
それにしても、3Dゲームやベンチマーク動かしてても、
CPU温度が40度いってないんだけど、こんなもんなのかな?
Winchesterは発熱少ないらしいとは聞きますが。
何にもしてないときは32度くらい。
ヒートシンクが上手く付けられたかが心配なのです。
まあ、とりあえず安定して動いてるからいいか。

えー、密かにGTR買っちゃったんで、そのうちどこかでマルチにおじゃまします。
posted by ebit at 02:31| Comment(3) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月03日

はじめてのじさく

2日がかりで自らの危険も省みず、
僕のニューマシンに命を吹き込んでくれた皆様、
ありがとうございました。

おかげでなんとか開幕オーストラリアに間に合いました。(笑)
お待たせしました。では、チームEBITの2002年型新マシン、EB02を紹介しましょう。

エンジン:P4 1.6A Northwood
シャシー:MSI 850Pro5 (シャア専用)
駆動系統:RDRAM 128M×2 PC800
ギアボックス:LEADTEK Winfast Titanium200TDH 64M


最強です。
ガンキャノンくらいの戦闘力はあります。

試しにRALLY TROPHYのデモをやってみました。
・・・・
これは・・・同じゲームとは思えないです。

しかし、肝心のGPLの方は、まだセッティングがうまく行きません。
明らかに速くはなっているんだけど、
どうもスタート直後のFPSが異常なほど低いんです。
5とか6とかになります。

しかし、リプレイでは20以上は出てるようです。
色々セッティングを変えましたが、症状は治らないので、
ドライバの相性か、パッチの問題か、その当たりでしょう。

どっちにしろ、新マシンに通信環境が整わないとちょっと設定しづらいので、
今のところ保留です。

通信環境を整えるまではネットに繋ぐ時は旧マシンです。
モニタが1個しかないのでつけかえるのがめんどくさいです。
そういった諸々のこともあって、せっかく移転したけど更新はしばらくまちまちになります。

新マシン製作の感想とかは、後々アップするかもしれないし、しないかもしれないです。

とにかく、そう言う事なんです。
では、ごきげんよう。

※GPLでFPSが出ない原因はサウンドボードでした。
GPLはサウンドとの相性が出やすいゲームですね。
ゲーム内の同時発音数のオプションを調整すると直りました。
posted by ebit at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする