2005年11月27日

訃報

Richard Burns氏が亡くなられました.
地元GBラリーに向かう車の中で倒れたというニュースから2年.
ただこういう病気は誰の身にも起こりうることだから,
だから余計に,再びスバルのシートに戻れなかったことは残念です.
モータースポーツファンの一人として悲しい気持ちは勿論ありますが,
それ以上に,2年なのか・・というのが正直な思いです.
今年のWRCは悲しいニュースが続きました.
posted by ebit at 16:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

MRC Round.2 Finland

も〜も〜らり〜ちゃれんじ第2戦フィンランドに参戦しました。
LEG3まである長距離ラリー+リタイアには厳しいタイムペナルティという、
なんともマゾ的なレギュレーションです。w
レポートは続きから
続きを読む
posted by ebit at 16:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

りちゃあどぶるんずらりー 第5戦ふらんすれぐ2

第5戦France LEG2に参戦しました。
LEG1終了時点で暫定トップ
夢のトヨタ初優勝なるか・・!?

SS5 Bisanne Good 5600m
前半で飛ばすつもりがどうも勢いに乗れず、
細かいミス(特にヘアピンで)を繰り返す。
後半はそれはもう、毎回ガクブルです。(笑)
無事に完走。やたー。

SS6 Joux Plane Bad 11000m
この辺りから
優勝の二文字がディスプレイを何度も横切り、
集中力が著しく低下。^^;
雨の高速コースは怖いなあ。
慎重に行ったつもりだったのに、
途中明らかにEasyじゃねーだろーて感じの
EasyRightで崖下に転落。
しかし、本番前に崖から落ちる練習をしていたおかげで
リタイアにはならずにすみました。(笑)
危ない危ない。
kazumaさんとの差もほとんど無いに等しいし、
Ryoさんが脅威の追い上げを見せてるし・・・((((;゜д゜)))

SS7 Joux Verte II Bad 7800m
ご飯休憩を挟んで午後のSS。
まだ雨は上がらないようで、
雨の峠道はつらいよー。
まあ、実際は峠にすら達しなかったわけだが・・

スタート直後、
民家の隙間を縫う細いヘアピンでコースアウト
外側のコンクリートブロックに横っ腹から突っ込む。
いやいや、こんなのはよくあること。
このコースでは何度と無くここでコースアウトしてきた。
ほら、ハンドルを右にいっぱいに切って、
1速に入れて再スタートだ。
・・・・ハンドル戻し遅れました。
スタートからわずか4%のところでぷシュー・・・
なんてこった。・゚・(ノД`)・゚・。
完全にkazumaさんと逆転だ・・
と思ってたらなんとkazumaさんもリタイア
ということは・・?次はShimさんかー
と思ってたらShimさんもリタイア・・
なんとこのステージ、
完走者はRyoさんとツテ兄さんの2台だけでした。
ここでRyoさんが大逆転でトップに。orz

SS8 Cote D'Arbroz Good 4500m
スゴク頑張りました。
しかしリタイアによって開いた差は、
あまりにも大きかった・・

トヨタ初優勝の夢がー・゜゜・(/□\*)・゜゜・
posted by ebit at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

RBR Championship3 Rd.5 France LEG1

第5戦France LEG1に参戦しました。
音速でレポ書き上げます。

SS1 Cote D'Arbroz II Good 4300m
バーンズ挑戦モードでお馴染みのコース。
途中民家の脇を6速全開で抜けるところが
以前のPCではカクカクでとても恐かったんですが、
今はスイスイ動いて快適です。
とにかく今回は、あまり無理し過ぎないことと、
ペースノートをしっかり聞くことを心がけて走りました。
その結果、大きなミスもなく無事完走。
出だし好調っす。

SS2 Joux Verte Good 7900m
へアぴんが上手く曲がれない・・
RBRやり始めた当初登りのヘアピンはグリップ走行してたんですが、
最近はほとんどハンドブレーキターンで曲がってます。
しかしこれがなかなか上手くいかない。成功率20%ってとこです。
ここも途中の高速区間でカクカクしなくなったので、
高速区間をぶっ飛ばすのが非常に気持ちいい♪
タイムもまずまずといった所。

SS3 Joux Plane Good 11000m
RBRの中でも屈指の高速SSです。
口説いですが前のPCでは高速区間はほとんど紙芝居だったので、
以前はここは苦手なコースの一つでした。
しかし久しぶりに走ってみるとめちゃくちゃ気持ちいい。
ここもペースノートに集中して走ることを心がけました。
なんというか、
RBRのターマックは高速でコーナーに進入するときの
唐突なケツの出方があまり好きではないんだけど、
しっかり減速してグリップ走行してやると、
とても気持ちよく走れることを発見しました。

SS4 Bisanne Good 5600m
自分的にはフランスで最恐のコースです。
後半のダウンヒルがきつすぎる・・
前半で飛ばして、後半は慎重に慎重に走りました。


オンラインLEG1終了時点でなななんと・・
トップタイムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
posted by ebit at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

RBR Fカップ 第4戦JAPAN LEG2

モデム交換でどうやらネットも復活ー。
第4戦JAPAN LEG2に参戦しました。

SS5 Pirka Menoko Bad 6700m
はらたいらさんに賭けたのが間違いでした。
スタート直後にコーナーの深さを聞き間違えて森の中へ。
その後なんとか脱出できたものの、
グダグダの走りで木に突っ込んで糸冬orz。

SS6 Noiker Good 13800m
じっちゃんの名に賭けて、
ここだけは完走したかったのです。
途中轍に引っかかって3回転したものの、
フロントガラスを破損しただけで大きなダメージはなし。
結果、3位で無事完走!ヽ(゚∀゚)ノ イヤッホウ

SS7 Sipirkakim Good 8700m
  _  ∩  ○っぱいの誘惑に負けることなく、
( ゚∀゚)彡 ひたすら冷静に走りきる事だけを
 ⊂彡 目標にがんばりました。
その結果・・・なんとトップタイム!!

SS8 Tanner Good 3900m
やっぱり苦手ですTanner。
後半のくねくね区間がとっちらかってしまう。
しかしながら、何とか完走果たしました。
ぐっじょーぶ、俺。

さすがはNewPCパワー。
解像度もFPSもぐーんと上昇して、
チャンピオンシップでも見事・・9位に食い込みました。
っていつもどおりやんorz...

posted by ebit at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

RBR Championship3 JAPAN

RBRマゾカップ第4戦JAPAN LEG1に参戦しました.
2日連続3時間睡眠の後だったので,
相当マゾってました.しかも筋肉痛が・・
しかーし,
母国グランプリ(全員)の意地に賭けて,
チャムピオンを狙っていくぜ!!

SS1 Sipirkakim Good 8700m
途中までは順調に飛ばしていたんですが,
後半森の中に入る頃からミスを連発し始め,
ヘアピンコーナーでコースアウト.
バックで戻れそうな感じだったので,
バックギアに入れて少し後ろに動いた瞬間に,
観客に取り囲まれ,問答無用でコースまで運ばれました.w
みんな・・ありがとうorz.

SS2 Tanner II Good 4000m
北海道では一番苦手なコースです.
普通に走れないの.車がポンポン跳ねて.
それでも,タイムは平凡ながらなんとか完走.

SS3 Pirka Menoko Good 6700m
Tannnerとは打って変わって,路面は非常にスムーズなんですが,
下り坂のコーナーでアンダーが激しすぎます.
いや,ここに限らず北海道は全部そうなんだけど・・
セットアップの問題かも.しかし基本はデフォセット.w
結局中盤でアンダーを出してそのまま木にぷシュー.

SS4 Noiker II Bad 13700m
マゾコースキターー
Noiker悪天候です.涙でフロント硝子が曇って見えません.
いや,よく見たら,フロントガラス割れてました.
それでも頑張ったんです.
96%,EasyLeft,油断しすぎました.。・゚・(ノД`)・゚・。
車は真っ直ぐ木に突っ込んで,
ブレーキロストと叫ぶロバート.(何で分かるんだ?)
ブレーキだけなら,ブレーキだけなら・・
何度イグニションを押してもエンジンが掛かりません.
マゾです.


LEG2は頑張ってエゾシカ探すぞー!
posted by ebit at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

リカルドバーンズ3

Shimさん主催のRBRチャンピオンシップ3
第3戦Australia LEG2に参戦してきました。
ちょうど周克やら燐光やらPC更新やらが重なったのと、平日の夜中に開催ということもあってなかなか参加できずにいましたが、やっと今シーズン初参加を遂げることが出来ました。

本番前にスクールで練習走行。
旧パソと比べてあまりに景色も操作感覚も違うために、全く操作できず。w
いきなりコケまくりですが・・大丈夫でしょうか?^^;

LEG2
SS5 New Bobs Good 10100m
スタート後2kmくらいまでは確かに記憶にあるけど・・森の中に入った頃から、コースが全く記憶に無い・・^^;
よく考えてみれば、オンラインでは一度も完走したことの無いコースかも知れません。
次々現れる凶悪ジャンクションにへろへろになりながらも、なんとか完走。手(チョキ)

SS6 East-West II Bad 9600m
Australiaではもっとも苦手な超ロングコース。
決まるとすごく楽しいんですけど、一度こけると即効崖下→ぷシュー
21%まではバーンズもちびっちゃうほどの天才的な走りっぷりを観客に疲労していたわけですが・・
運命の小ジャンプで、減速しきれずに崖下に突っ込みました。
ririku.jpg例の崖下

もう飛んだ瞬間に突っ込む気がしたので出来る限りソフティかつクリーミーに樹にぶつかってみたんですが、エンジンは二度と息を吹き返しませんでした・・・end

SS7 Greenhills Bad 6000m
ここも普段あまり走らないので記憶が乏しく、ゴール寸前に崖下でスタックしてしまい観客を呼ぶはめに。
完走は果たしましたがタイムは(-_-;)
(オーストラリアをこれまであまり走らなかったのは、旧PCではカクカクでとても走れたもんじゃなかったんです。wこれからはそういう心配もしなくて済む。ヽ(^o^)丿)

SS8 Mineshaft Good 8200m
マインシャフトキターーーー
RBR始めた頃は一番苦手なコースだったんですが、今やオーストラリアでは最も得意コースになってしまいました。
ジャンプまではつてツテさんに追っかけられる展開で必死で逃げてましたが、途中でなぜかタイムに表示されなくなったので「あれ?ミスったのかな?」と思ってたら・・
つてさん、ほんとにK点越えを目指してしまったようです。^^;;
k_ten.jpg例のK点

というわけでRBR対戦初!?のベストタイムゲッツ。やたー。

※画像はすべてイメージであり、実際のものとは異なります。
posted by ebit at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

RBRnet3.0!

リプレイ保存機能が搭載されました!
そして、天候の設定が細かくなって、RBRの売りである路面のコンディション変化も設定できるようになったようです。
早速昨日ちょっとやってみたのだけど、ほんとに保存できます。すごい!
ただ、リプレイ保存中にチャットボタンの"T"キーを押してしまうと、
それ以降の文字がチャット画面にも流れてしまうというちょっとおまぬけな機能もあり。
おかげで、外人さん相手に意味不明の日本語をチャット画面にいっぱい流してしまいました。w
これでRBRもほとんどフル機能活用しながら対戦できるようになりました。
製作者の方々に感謝。
posted by ebit at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

マンダムウェザー

RBRで天候ランダムにすると,
時々めちゃくちゃグリップの悪い路面になるんですが,
これなんなんでしょう?
インダーミディエイト履いて走ってるのかな?
路面が結構ハゲハゲになってて,曇り空の時に多いような気がします.
路面が禿げてるといつもよりグリップが良いと勝手に思っちゃって,
いつもの感覚で走ると必ず最初のコーナーでコースアウト.(笑)
でも新鮮で面白いけど.
それにしても,この機能が対戦で使えないのは非常にもったいない・・
タイヤ選択(降水確率の表示?)とみんなが同一条件での走行さえ出来れば・・
そしてPC買い換えたい・・(無関係)
posted by ebit at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

4.60のバグかな?

Shimさんの症状とは違うかもしれないけど,
僕も4.60でスタート時のペダル認識おかしくなります.
よくブレーキのストロークがおかしくなります.
しかし,スタート前(ロード後カウントが始まる前)に
アクセル&ブレーキを目いっぱい踏み込むことで,
症状がなくなります.謎.
一度症状がなくなると,次に再起動かけるまでは症状出たことはありません.
今まで出たことの無い症状なので,ドライバが一番怪しいと思っとります.

あー,ジムカーナ大会参加できなかったなあ・・
来週はいけるかな・・?

GPLも大好きなNurを控えてるんですが参加できるかが微妙・・
うーーー山羊座
posted by ebit at 00:44 | Comment(5) | TrackBack(1) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

RBR大会第3弾

RBRチャンピオンシップ3rdシーズンが始まるそうです.
今回はShimさん主催です.時間の合う限り僕も参加しまっす.
今回はLeg1とLeg2を2週に分けて行うそうです.
天候ランダムの時の降水確率とかいじれるようになったらもっと幅が広がるけどなあ.
今後バージョンアップの可能性は・・・ないよね.T_T
posted by ebit at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンプログがいっぱい

エンジン音をずっといじってますが,
なかなか実車の映像のような音にはなりませんね.
RBRのサウンド関連のファイル構成も大分つかめてきたけど,
Noload時のボボボボって音は何処にあるんだろう・・?
いくら探しても見つけられませんでした.
今こんな感じになりました.
こんな感じ
色んな音をまぜまぜしただけです.もう限界.
posted by ebit at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年02月26日

こんなラリーゲームがほしい。

スピード感は要らない。
アクセルを踏めないイライラ感がほしい。
道幅が狭いコースがほしい。
操作はほどほどに難しければいい。
GPLほどの難しさは要らないかもしれない。
その代わり、コースにリアルタイムな変化がほしい。
路面状況が走るたびに変わってほしい。
雨だとか、そう言う変化だけでなく、所々アイス路面だったり、
砂埃や落ち葉が散乱していたり、落石していたり、動物、ウォータースプラッシュ。

今の技術ならば、再現できないはずはないと思う。

それで、ペースノートを自分で編集できるとなおよし。
アイス路面の手前などで、コドライバーが勝手に警告を促してくれるのもいいかも。

リアルと言うのは、どう言う意味で使うかにもよるし個人差もあるが、
俺が望むリアルとは、実車、実名、実在コースの登場なんてどうでもいい。
それよか、実際に走っている臨場感をより素直にプレイヤーに伝えてくれれば十分。
いや、実名ならそれに越した事はないのだ。
けれど、そのために契約問題とか云々でゲーム自体の内容が大きく制限されてしまうのなら、
実名なんてやめてしまえばいいと思う。

実名とか実車とかは、放っておいてもそのうち誰かが作ってくれるでしょ。(人任せ)
実際、GPLだって元々は全車種が実在するマシンではないのだけど・・ね。

グランツーリスモに出会って、GPLに出会って、いろんなレースゲームに出会って、
いままでリアルだリアルだと言う言葉に踊らされていた感じはあったかもなーと。

最近は、色んなサイトで色んな人の意見を知って、
自分でも色んなレースゲームやって思うのは、
リアルと言う言葉を現実的と言う意味で使うのは間違いだね。

特にね、某巨大掲示板群とか見てるとね、リアルと言う言葉が安っぽく見えてしまう。
特に画像がリアルだ、挙動がリアルだ、サウンドが・・とかは本人がどう感じるかで
大きく個人差が表れるところだしね。


GPLの話に戻っちゃうんですが、
なぜこのゲームが多くの人にリアルと言われ続ける事が出来るのかと言うと、
この操作をするとこうなる、という想像通りの動きをするからなんだと思います。

最近操作にも慣れてきて、やっと感じる事が出来るようになったんですが、
たしかにこのゲームって限界付近の操作性にはちょっと大げさなほど余裕があります。

GT3をやっていて、コントロールタイヤを履くと、ドリフト走行は相当至難の技です。

どっちがタイヤのグリップ特性をリアル(現実的)に表現しているのでしょう?

GT3のコントロールタイヤの方がより現実に近いのかもしれません。
実際のところどうなのかは俺の知るところではないですけど。。(汗
しかし、リアタイヤがスリップし始めてからの両者の挙動はどうでしょうか?

GPLの場合、アクセルを完全に抜くでもなく踏みこむでもなく、
微妙なパワーをかけつつスライドをコントロールします。
あるサイトに書いてあった、タイヤの横方向のグリップと縦方向のグリップを
アクセルコントロールで調整する、と言うイメージが、実際の操作にマッチします。

対してGT3の場合、スライドが始まるとアクセルを踏んだままでは大抵そのままスピンします。
(あの・・全開に踏んだままと言う意味ではないんで悪しからず)
逆に、アクセルを完全に抜いた状態では割と安定したスライドアングルを保てます。
特に、コーナー立ちあがりでここからパワーをかけていきたい、
と言う時に、アクセルが踏めない感じにかなり違和感を感じます。

実際、ドリフト走行をする時はどうでしょうか?
自分でやった事ないのにこんな事を言えた立場ではないんですが・・
でも、映像などで見ている限りでは、
やっぱり立ち上がりに行くにつれてアクセルを一定に保っていても、
だんだんスライドアングルが小さくなってきて縦方向のグリップが復活する・・
少なくとも想像ではそんな感じがします。

そう言った一つ一つの操作が、想像とマッチしてくれるのがGPLなのです。

よく言われる事ですが、完璧なリアルを再現すると、
本当のF1ドライバー以外誰にも理解できないゲームになってしまうというのは、
たしかにその通りだと思います。

いろんなF1ゲームがあって、色んな評価があります。
いい評価もあれば酷評もあります。
けれど、GPLに関しては、今まで酷評を見た事がありません。
あの○ちゃんねるでさえ・・(笑)

もともと俺とか生まれてもいない時代のF1を再現しているのだから、
現実と比べるのが難しいと言うのは、一つにあると思いますが、
やっぱりそれだけの評価を受ける価値があるゲームだと思います。
限界走行は、決してリアルではないのかもしれません。
しかし、リアリズムを感じさせる、と言う意味では間違いなくリアルです。(意味不明?)


いやー、思いっきり脱線しました。
で、結局なにが言いたいのかと言うと、
3年前にこのようなゲームがすでにあったんですから・・
今作れないはずはないんです。
リアルな、もとい、想像とマッチするラリーゲームがそろそろ出てもいい頃では・・
なんてねー(結局そっちかい!)

でも、何はともあれWRCは買うでしょうね。(笑)
3/14発売ですよー。
ムービーを見た限りでは、思ったよりコース幅も広く挙動もクイック&スピーディ、
って感じで、CMRとV-RALLYの中間当たりのスピード感なのかな?
でも、全14カ国、実名、実車、実コースの魅力はやっぱり・・
って言ってる事が全然違うやないか!
とお思いのあなた、いいんです!
コンシューマー機の場合はやっぱりそこにこだわるべきでしょうね。
後は、程よい操作感とゲームバランスであることを願うのみです。

※2年の歳月を経てこの頃思ってた理想のラリーゲームが登場しました。
その間、多くのラリーゲームに裏切られもしたけどね。RBRに乾杯。
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Richard Burns Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする