2001年08月28日

すばらしくNiceChoiceな瞬間

today2001-08-28.jpg
モンツァのバンクつき旧コース、ミラノにて。
最終8ラップ目、ターン1で突如コントロールを失い、
空の彼方へ飛び立とうとしている俺。
俺のセットアップが悪いのか、このコース、
2〜3周目あたりにターン1に全開で突っ込むとよくリアがもってかれます。
でもラップを重ねていくごとにだんだん安定してきたようなので、
最終ラップに思いきって全開で突っ込んでみました。(笑)
なんとなくこうなるんじゃないかとは思っていましたけどね。。
それにしても何でこうなるんだろう?
車高を低くしすぎなのだろうか・・・・?

キャラミで今まで1速で回っていたコーナーを2速で回るようにしたら、
5秒以上タイムが縮まって一気に上位が見えてきました。
回転数だけを考えるもんでもないみたいですね。
他のコースでも、一度見直しが必要な気がしてきました。
まだまだモンツァは1分30秒台から先が見えてこない・・・


※多分車高とバンプラバー(もちろんバネもだけど)が合ってなくて
突然リアがもってかれる状態になってたんだろうなぁ。
ギアを一段低く走ってしまうのは、昔から変わらなかったようでw
posted by ebit at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする