2006年07月16日

Team Battle 2nd RD1.Kyalami

久しぶりの公式戦です。
GPLTB 2nd Season RD1.Kyalamiに参戦しました。
GPLのイベントに参加するのはもう1年以上ぶりくらいですが、
やっぱり改めて面白さを認識しました。
久々のロングランしんどかったー。w

Practice:

ビクリツしました。
1回目のアタックでなんとか20秒台に入ったので、
1年前の脳みそのままで「12〜3位くらいかなー」
ってピットに戻ってきたら、
( ̄ロ ̄|||) 最下位・・・・
何だこのレベルの高さは!?
トップ10まで18〜19秒台がずらり・・
その後がんばってPB付近まで縮めたけれど、
19秒には届かず、11位で予選終了。

Race:

初戦ではお約束の?
1〜2コーナーで多重クラッシュ発生。
運良くすり抜けて、一気に5位くらいまでジャンプアップ。
その後、m2さんに追われながら、
遥か遠くのokadaさんを追いかけながら、
20周目にokadaさんがスピンして後退、
モタモタしてたところをm2さんに抜かれる。
1周後、同じ場所で無理な突っ込みでm2さんをはじき飛ばし、
TB2RD1kyalami001.jpg
neGcoさんに抜かれる。
なぜか一瞬「インが開いてる」と思ってしまいました。
リハビリ不足はこういう所に出ますね。m2さんごめんなさい。
その後細かいミスが連発し、okadaさんm2さんに抜き返される。
レースも残り10周を切ったところで、
恐怖のSunsetBendでコースアウト。
TB2RD1kyalami002.jpg
滑りながら、「あーもうだめだー」と思ったけど、
何とかタイヤ取れることなくコースに復帰。
しかし、サスが逝かれてしまってまっすぐ走れない。
当然タイムも1周2秒くらいロスしてしまい、
せっかく入賞圏内にいたのにずるずると後退。
結局最後は7位でゴール。チームのみなさんすみません。
特に反省はしていません。w
Fullさんが頑張ってポイントゲットしてくれました。
ありがとー。
posted by ebit at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

B league Rd.14 kyalami

Bリーグ最終戦Kyalami いつてきました。
今回のコンセプトは、チャンピオン争いの迷惑をかけないこと。w
ということで、LOT、FER、EAGと余ってたんですが
一番乗りなれたFERで参戦する事にしました。
ちゃんぷ候補集まるO次郎鯖で出場する事に・・ガクブル

予選
結構グダグダな走りだったと思うけど、
いつの間にか20秒台にはのっかってたみたい。
いつ出たタイムなのかもわからん。w
予選は4位で終了。

レース
bl_kyalami001.jpg
レーススタート
1コーナーは綺麗にまとめたんだけど、

bl_kyalami002.jpg
2コーナー出口ですこし乱れてしまう。
bl_kyalami003.jpg
その隙をKyeyoさんにさされて、
5位に落ちる。

序盤ずっとKyeyoさんを追っかける展開。
しかし、
bl_kyalami004.jpg
8周目、Kyeyoさんホームストレートでボフッ・・

その後は、Fullさんに追っかけられながらも、
付かず離れずの微妙な距離。
途中何度かスピンしたりして接近戦になるかと思いきや、
お互いが同じタイミングでミスったりして結局差は詰まらず。
いわゆる、みちのく一人旅ってやつです。
辛い・・長丁場のレースで一人旅は。
途中で気分を紛らわそうと歌を歌いながら走ったりするけど、
運転の方がとっちらかって逆効果。w

そして・・
残り5周というところで、ついにやっちまいました。
bl_kyalami005.jpg
1コーナーのブレーキングで、
2速で回る所を間違って1速までシフトダウンしてしまいスピン。
このスピンでFullさんに完全においてかれ、
結局5位でフィニッシュ。

しかし、チャンピオン争いの邪魔しなくて良かったー。
というレースでした。w
ちなみに壮絶なチャンプ争いは1分以上先で繰り広げられていた模様。

ついにBリーグも終わってしまいましたね。
主催Barchettaさん、鯖提供Jackさんをはじめ、
参加者のみなさん、お疲れ様でした。
そしてNaguchiさんいつもありがとう。
今回は(も?)レギュレーションも凝った長いシリーズだっただけに、
運営側も大変だったと思います。
自分としては色々予定が重なってあんまり参加出来なかったのが、
少し残念。
最近は公式戦以外であまりGPLIPに顔出さないけど、
レースに出る度に思うのは、やっぱりバトルはこのゲームが一番面白い。
posted by ebit at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

Bleague Rd.12 Zandvoort

Bリーグ Zandvoortに参戦しました。
更新が溜まってます滞ってます。笑
急いでいきましょー。

今回は我が心の故郷とも言うべきFerで参戦。
気合入ってます。その割には練習全くしてないけど。
まあデフォコースだからなんとかなるや。

とにかくタイヤに厳しいZand、
前半であまり張り切り過ぎないようにだけ、
心に決めて挑みました。

○プラクティス
とりあえずいつものPro-S用のセットで走ってみる。
25秒台後半か・・・うーん。うまくないなあ。
という事で、燃料減らして再アタック。
なんとか24秒台に入れた。
うん、全く戦えないタイムではないな。よし!
そのまま4位でプラクティス終了。

○レース
b_zand001.jpg
レーススタート
なぜか全回に引き続き
僕の前一台分開いてたような気がするんですが、
気のせいでしょうか?

b_zand002.jpg
序盤、前を走るCFさんがコースアウトし、
3位に上がる。

b_zand003.jpg
序盤から中盤にかけて
先頭のLevinさん、2位のMuuuさんに続いて、
ずっとこの接近状態を保ったまま走行。

b_zand004.jpg
途中、周回遅れにつかまってしまい渋滞。
Levinさんだけがこの渋滞を上手くかわして、
2位以下は少しタイム差が開いてしまった。

その後、終盤までずーーーーーーーーっと
2位のMuuuさんの後ろに張り付いて追いかける。
なんか追いつけそうで追いつけない・・
特にZandの一番の抜きどころであるホームストレートで、
自分の立ち上がりが悪いのか、LotとFerの加速性能の差か、
スリップに付く事が出来ない。

終盤一度だけMuuuさんが最終の立ち上がりで少しもたついて、
1コーナーでアウトから仕掛けてみた。
b_zand005.jpg
しかし、抜くには至らず。

その後はまた均衡状態が続き、このままゴールかなと思い始めた時、
b_zand006.jpg
前を走るMuuuさんの後方から突然黒煙が、
Muuuさん、残り6周にて無念のエンジンブロー。
b_zand007.jpg
ここで2位に上がり、Levinさんを追いかける。

しばらくしてやっとLevinさんが見えてきたが、
既に最終ラップ。
b_zand008.jpg
そのまま2位でゴール。


今回はMuuuさんとずっと接近戦をしていたこともあり、
非常に充実した面白いレースでした。
しかし、その分疲労度もこれまでで一番。(笑)
汗だくでした。
元々マシンにも人間にもきついZandです。
大きなミス無く完走できた事だけでも非常に満足。
ちなみに総合では5位でした。k鯖の皆さん速し!
30秒以上先で同じようなバトルが繰り広げられてるなんて・・


posted by ebit at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

B League Rd.11 Liege

びぃリーグ第11戦Liegeに参戦してきました。
このところ色んなゲームを掛け持ちしすぎて
GPLに関しても練習不足は否めない状態。
本番前に練習しようと思ってたら
居眠りしてしまい起きた時には既に11時。
がーん、まだコースすらあやふやな状態なのに・・

急いでGPLIPにJoin。
寝ぼけながらBリーグ会場へ・・

予選
とにかく誰かタイムのいい人の動きを見て勉強しよう。
とりあえず一回タイム出しといて、
上位の人達の動きを見てみる。
うーん、みんな低速コーナーで2速を使っているようだ。
今まで何の躊躇も無く1速で走ってたけど・・
初めてのコースを走る時はよくギアの選択を間違える。
こればっかりはセンスが無いのかなと思うけど、
大抵人より一段低いギアで走ってしまう。
むしろそういうミスが発見できる時は逆にラッキーとも言えるけど。
事実、今回の予選でも、一度目のアタックは53秒台。
その後他の人の走りをみて、
今まで1速で走ってたところを2速に変えてみただけで、
アウトラップでいきなり52秒が出た。
前からうすうす気づいてたけど、GPLでは
サスのセッティングがほぼ好みの問題なのに対して、
ギアのセッティングはかなり大きくタイムに影響するよね。
いや、他のゲームでもそうなのかもしれない。
結局2回目のアタック中に時間切れになっちゃったので、
そのまま予選7位で終了。

決勝
liege001.jpg
レーススタート。
なぜかおいらの前2台分のグリッドが空いている?
だれかグリッドにつけなかった人がいたのかな?
と思いながらスタート。

スタート直後の高速コーナーでいきなりポールの
セレクションOkada氏がスピン。
liege002.jpg
後ろから見てて、
あーこりゃ完全に橋に直撃コースだと思ったんだけど、
橋のところをギリギリですり抜けて無傷で復帰してました。

その後、いくつかの混乱はあったものの、
特に巻き込まれる事も無く順調に3位を走行。
といっても決してタイムはよくないため、
ポールシッターOkada氏の猛追を受けながら、
なんとかとどまっている感じ。

そんな中、
liege003.jpg
7週目最終コーナーでやっちまいました。
ちょっと癖のあるコーナーだから気をつけていたんだけど、
トラップに弱い。(笑)
アウト側に足を落としてしまいそのままスピン。
何とか復帰できたものの
このスピンでリズムが狂ってしまい、
liege004.jpg
liege005.jpg
liege006.jpg
その直後、Liegeのもう一つの凶悪トラップに散りました・・
マシン自体は何とか自走できる状態ではあったんだけど、
アラインメントが狂いすぎてて
コーナーに入るたびにスピンという状態で、
このままでは他の人にまで危害が及びそうだったので、
ピットに戻ってリタイアしました。

おそるべし、セレクション。(違)
次はデフォコースなのでがんばるぞ〜
posted by ebit at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

Bリーグ第10戦 Rouen

久々のびぃリーグです。
残り5戦でLot Fer Eagの車種が全部余っている状態だったので、苦手なRouenだけど思い切ってLotで参戦しました。
予選中に突然落ちて、ネットワークの設定を見直したりしてたのであまりアタック出来ず、結局7位からスタート。
b_league10_001.jpgレーススタート
Rouenといえば、過去にBarchattaさんを道連れにしたり、Barchettaさんを弾き飛ばしたり、あまりいい思い出の無いコース。
とにかく、スタート直後のヘアピンだけは慎重に行かなきゃね。
b_league10_002.jpg
・・・て思ってたのにメッチャごめーーーーん!
大事なヘアピン進入でブレーキミスでスピン。あぁデジャヴュが・・・
絶対みんなを多重クラッシュに巻き込んだと思ったのだが、
b_league10_003.jpg
幸いなことに誰にもぶつからずにコース上で止まった。ほっ。
しかし、実は・・
b_league10_004.jpg
b_league10_005.jpg
すでに僕の前後で多重クラッシュが発生していたようです。
ちょうどその狭間で単独スピンしたというのが幸いした様子。
何とかコースに戻り再び走り始めるも、後続がぜんぜん来ないなあ。
と思ったら、
b_league10_006.jpg
ヘアピン入り口のクラッシュを華麗に避けた皆様が、
今度はヘアピン出口の混乱に巻き込まれていた模様。

序盤はEagのShutaroさんを追っかけるも、
b_league10_007.jpg
4周目、Shutaroさんヘアピンに突っ込む。
ここで順位が入れ替わって、4位に浮上。
その後、2位を走っていたCFさんがエンジンブローした車を避けようとして?クラッシュ。
3位に上がる。
その後、最終90度コーナーで2回のスピン、ヘアピンに一回突っ込み合計3回のミスを乗り越えながらも、なんとかそのまま3位でフィニッシュ。
うーん、ひさびさのレースだったのでめちゃくちゃ長く感じた。
けどLOT投入で完走できたのでよかったっす。
あとは、レース中の単独ミスを何とかしたいなあ。
posted by ebit at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

Newbie Series 2005!

ついに3回目のにゅうびいシリーズが始まります!
今回はRecobreさん主催です。
http://newbie2005.fc2web.com/
7月半ばから後半にかけてスタートの見込みとのこと。
特に今回は参加資格として、
2004年11月以前のGPLIPで行われたシリーズ戦に出たことが無い人(自称ルーキーと思う人)
ということだそうです。
その他の詳しい参加資格やルールなどは、Newbie2005のHPをご覧ください。
GPLはじめたばかりのあなた、
そして、マルチの世界に躊躇していたそこのあなた!
ご応募お待ちしております!(俺が言うなってか^^;)
ていうか、まず参加資格を満たしてる人でここを見てそうな人がいないという話ですが・・^^;
posted by ebit at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

FFB設定

昨日久しぶりにGPLIPに行って,
GTFP+WM4.60使用時のFFBについて
Tomonoさんとかにいろいろ話を聞いたので,
またいじってみました.
で今のところはこんな感じに落ち着きました.

[ Joy ]
allow_force_feedback = 1
force_feedback_damping = 200.000000
force_feedback_latency = 0.050000
max_steering_torque = 160.000000

また,プロファイラ側でGPL用にSpecificSettingを設定しています.
gpl460setup.jpg
こんな感じ.

GPL側の設定だけでダンパーエフェクトの強度が上手く変えられればいいんですが,
どんなに数値を変えても常にハンドルが重い状態から抜け出せません.
そこで苦肉の策?としてプロファイラ側でダンパーエフェクトを絞ってます.
これにより,グリップがあるときはそこそこ重く,
滑った瞬間にフォースもある程度スコっと抜ける感じになりました.
これは,どちらかと言うと4.50以前の感覚に近づけたセッティングです.
常に重いのがお好みの方は,ダンパーの数値は絞らなくて良いと思います.
思うに,4.60は従来のドライバと比べて,
デフォルトでダンパーエフェクトが強くなっているような気がします.
posted by ebit at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

結局・・

[ Joy ]
allow_force_feedback = 1
force_feedback_damping = 250.000000
force_feedback_latency = 0.000000
max_steering_torque = 190.000000

ハンドルが重すぎてカウンターが当てられないので
どんどんトルク値が大きくなってゆきます.(笑)
posted by ebit at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月29日

フフフフフ

実は最近、自分のセットの作り方が間違ってた事に気づきました。

あるお方のHPを読んでいて気づいたんですけど、
それに気づいてから、たまたまMEXICOを走る事があって、
ちょいとセットをいじって走ってみたんですよ。
その間違いを直しただけだったんですが、
なんとあっさりPB(PersonalBest)を更新してしまいました。

これはビックリと言う事で、他のコースでもちょいと試してみました。
すると、大抵のコースでタイムはともかく、走りやすさは格段に上がったんです。

で、これはもしや・・と思って、今まで何度挑戦しても無理だった、
デフのランプ角を85/30以外にして走ってみると、
これがまた意外に安定して走れる。

なんかひらめきました。
一度ひらめくと、あっさりタイムアップするのがGPLです。
あまりタイムアタックは好きじゃないので、普段はあまりやらないんですが、
セットだしのために今日モンザを走ってたんです。

いくら挑戦しても一向にタイムアップせず、
嫌いなコースの一つでもあったMonza。
ずーーと、ずーーーーーーーっと待ち望んでいた夢の28秒台。
28秒台キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!

すいません取り乱しちゃいました。

まだ安定性にも欠けるし、タイム自体も取りたてて速いわけではないのですが、
あまりにうれしかったもんで。

これでやっとGPLやってますって堂々と言えるようになるかな?

※結局28秒切るのに丸一年以上かかったわけだな。
おかげさまで今はギリギリ28秒台をうろうろしてますww
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月01日

苦悩

同世代のGPLerがなかなか少ないのも、さびしい限りです。
レースゲーム好きはいっぱいいると思うけど、知名度かなぁ。
それとも、やっぱり途中で投げ出しちゃうのかなぁ・・
初走行で一周もできないゲームって、面白くない人もいるだろうしね。

あと、時代設定が古いから、魅力を感じない人もいるかもね。
現代F1のゲームなら、飛びつく人も多いのかも・・
でも、そこがGPLの魅力なんだけど、あの絶妙なゲームバランスは、
あの時代でなければ生まれてこなかっただろうし。

たしかに、初期投資はPCゲームである以上、多少はかかるんだけどね。
でも、最近のPC普及率やリネージュとか他のゲームの人気を考えると、
初期投資なんてほとんど要らないんじゃないかな?
ハンドルがあればいいんですよ〜奥さん。って、ハンドルがマニアだったのか〜〜!(爆)

そう、そうね。はんどる持ってなきゃいけないもんね・・・

※今は本当に幅広い世代のGPLerの皆さんに囲まれて幸せですww
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月29日

はじめてのびっぐいべんと

4/28 Onlinecircuit主催、GPL SPA-GP
走りきりました。。
しかも、1ヶ月前の俺ならば絶対無理だと思っていた(実際無理だったでしょう)決勝Aクラスで。

普段はオンラインでの対戦記を書かない事にしているんですが、
あまりにうれしかったので今回ばかりはちょっと書いちゃいます。

予備予選

当日集合したのは32名。
もちろんGPLはフルグリッドでも20台なので、予備予選が必要でした。
予選Aグループ、Bグループに分かれ、俺はBグループに配属されました。
Bグループは速い人ばっかりだったので、こりゃ・・予選落ちかな・・・とか思いつつ、
いざ、予備予選開始!と思いきや・・・

なんと、おいらだけJOINできない・・・(T_T)
あの手この手で何度もJOINをかけてみるんだけど、一向に繋がらず・・
PC&モデム再起動までしても繋がらなくて、挙句の果てにはサーバ上げなおしてもらう始末。
30分近く予備予選の開始を遅らせてしまいました。(T_T)
BOMBさんをはじめ、参加者の方々に迷惑を掛けまくってしまってごめんなさい・・m(__)m

で、あたふたモードで予備予選Bグループスタート。
と、ここでまたなぜかスタート直前にプラクティスの順位がリセットされる。
「げ、もしかしてまた俺のせい???」
とか思っていてあたふたしてるうちに、緑旗がすでに振り下ろされてるじゃないか〜〜!(爆)
またまた、後ろの方にご迷惑をおかけして・・m(__)m

最初にJOINできなかったために、
今回はサーバ上がったら真っ先に俺がJOINしてたのです。
順位がリセットされると、JOIN順に順位が決定するので、俺は2位。。(^^;;;
なんか、迷惑かけた上に申し訳無い気持ちでそのままレーススタート。

で、その後は少なくとも俺は順調なレース展開で予備予選を3位で終了。
いろいろあったけど、何とか予選通過です。
逆に、プラクティスで上位とってたのに後方からのスタートになった方々は大変でしたね。(^^;

ま、せっかくAクラスに残ったんだから決勝は気持ちを切り替えてガンガンいきまっせ!
とは言っても完走ねらいですが・・(^^;

決勝

とにかく完走、完走、完走。
完走がすべてですよ、奥さん。
決勝のプラクティスは、超ちびタンクで挑みました。
なにせ、EAGなら14秒、FERでもREPでも17秒台に入ってくる方々が相手なのです。。(^^;
かなりプッシュしたつもりだったのですが、やっぱり俺は19秒台。ま、こんなもんですわ。

で、結局3分19秒59の予選6位で決勝レーススタート。
スタートは、難関オールージュでも全く接触も無くクリーンなスタートとなりました。

1周目、多分そうなるだろうなとは思ってましたが、(^^;
やっぱりマスタで事故発生していました。
また、終盤の土手が続く区間でも多重クラッシュが発生したらしく、
TOIN氏はここでエンジンを損傷し無念のリタイヤ。(T_T)

で、私EBITはと申しますと・・
最初はかなり順調に進んでいたんです。
前車との差はどんどん開いてはいたけれど、6位キープで序盤は自分のペースを保って
順調に周回を重ねていってました。

と、数周後にやっぱり上がるべき人が上がってきました。
ものすごい勢いで、REPが追い上げてきたので、「ああ、こりゃ絶対Jyuunさんだ」と。(笑)
冷静に考えればタイム的にはもともと勝てるはず無いんですけど、
それでも何周かは抑えきれるだろうと思って、「よっしゃ!引き離したるー!」
とオールージュで思いっきり踏んだのです・・それがいけなかった・・・

土手に左フロントを引っ掛けたEBIT選手のフェラーリはそのまま外側のフェンスまで直進・・(爆)
幸いだったのは、ぎりぎりガードレールにぶつけなかった事と、フェンスが柔らかかった事。
その間に何台かにパスされましたが、順位はともかく完走、完走。

気を取り直して再びコースに戻り、今度は極力ペースを崩さない走りに徹しました。
エンジンも、いつもより300〜500回転ぐらい低い場所でギアチェンジしながら。

というのも、本番前に5周ほど練習走行しようと思って、
AIとGPモードでやってみたんです。ガンガン回して走ってたら、3周でエンジン逝きました。
それもあって、エンジントラブルはかなり怖かったのでギアチェンジも相当やさしく、やさしく。(笑)

また、GPモードは初体験というのもあって、タイヤのたれがどれくらいなのかが分からなくて、
なるべくスリップさせないような走りに徹していたので、前半はかなり遅いペースでした。

レース中盤、アクシデントや、クラッシュでリタイヤしたり、エンジンがボフッといったりで、
皆次々と戦列から消えていく中、俺はなんとか集中力を保ち続けて走りつづけていました。

もう、4位のPOCOさんとは30秒近く差が開いてました。
この当たりからは、頭の中には「完走、完走、完走・・」とそれだけしかなかったです。

ただ、残り十周というコールを聞いたあたりから、
「よし、ここからなら少々プッシュしても大丈夫だろう。」と思い、
ちょっとプッシュしながら走ってみました。
燃料も少なくなってきていてそこそこ攻めれるようになっていたんですが、
結局差は詰まらず。

そのまま1位から2分以上遅れて5位でゴール。
とにもかくにも、まさか完走できるとは・・・

レースを開催していただいたOnlinecircuitのBombさんはじめ、多くの方々に感謝。
こんなイベントに自分が参加できる日が来るなんて・・・
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月01日

GPLIP新参期

GPLのマルチだけはコンスタントにやってます。
いや〜GPLIPの方々は皆さん速いから面白い!
全然ついていけないコースでも面白いです。

しかし、今までほとんどフェラーリにしか乗っていなかったので、
そのときの気分でどんどん車種が変えられる人がうらやましいわ〜ん。

GPLIPに入るまでは、COVとかは絶対対戦で使われる車ではないと信じていたのに・・
みんなCOVとかREPとかで驚愕のタイムを出す方々ばかりなので、驚きの連続です。

でもそう考えると、GPL初めてやった時に何の意味も無くフェラーリ選んで良かった。(笑)
フェラーリはパワーと操縦性のバランスが最も優れた車なんだそうで。(^^;
確かにどのコースでもそんなに得意不得意なく走れる感じがします。

おれもいろいろ試し乗りしてみよっと。

※この頃は毎晩のようにGPLIPに通い詰めてました。
今でもほとんどフェラーリしか乗れない・・
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月25日

はじめてのこうしきせん

昨日は初のGPL定期戦に参加させてもらいました。
GPLOL CUP第9戦IMOLAです。
10戦中の第9戦目だから、ほとんどスポット参戦ですね。(^^;

予選で多分クリアラップ取れなかった人がいっぱいいたと思うけど、
ラッキーなことに俺はそこそこいい状況でタイムアタックが出来たので、
高順位からスタートできました。4位ぐらいだっけかな?

で、決勝はというと、ま、いつものあれですわ。(笑)
いわゆる、単独ミスでずるずるずるずると・・・
でも、なんとか結果5位でフィニッシュすることが出来まして・・
個人的にはこの上なく満足なレースが出来て楽しかったです。

※初公式戦がいきなりイモラ。無謀すぎw
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月13日

はじめてのねっとたいせん

昨日初めて#OnlinecircuitのGPLマルチに参加させていただきまして、
てゆうか皆さんがN2002やってるところに無理やりお邪魔したんですが・・
N2002やり終わった後で快くGPLの方も開催していただきました。

いやーとっても楽しかったです。

IRCの時点でかなりてんぱっててあたふたあたふたしているうちに、
どんどん話が進んでいってて気がついたらレースが始まっていた・・という感じでしたが。(笑)
で、レースの方もかなりてんぱっててよく覚えていません・・

保存したリプレイでもじっくり眺めていろいろ反省してみます。

※初対戦はやはりモンザでした
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年12月28日

もうすぐあけますよおめでとう

多分年内に更新出来そうなのは今日が最後だと思うんで、
思いきってあけてみました。(笑)

なんで最近あまり更新してないのかと言うと、
答えは簡単。
書く事ないからです。

生活に新風を巻きこまないといけんなー。

GPLがね、ネット対戦しようとすると落ちるんだわ・・
もうね、COMとやるのはちょっとつかれてきたんだわ。
そろそろ人間と対戦がしたいんだわ。
ADSLに変えたいんだわ。
NIFTY買収されるんだわ。

よし、だんだん新しい風が吹いてきましたよ。
ADSL化こそ、混沌としたこの世界に平和をもたらしてくれるはず。
おれも「ザクとは違うのだよ!」とか言えるようになるわけです。

ふぅー、・・・なんのおちもありゃしまへん。
ではみなさんよいお年を、ごきげんよう。

※以上、2001年総集編でした。
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月08日

足元君

最近、いろいろ邪念が入ってGPLあまりやってなかったんですけど、
今日ひさしぶりにゆっくり時間があったのでやってみました。
結果、

MOSPORT→12/14 リタイヤ
KYALAMI→10/12 リタイヤ

12月14日という意味ではありません。
全14ラップ中の12ラップ目にリタイヤという事です。
この2コースはいつもいい線いくんだけど、最後の詰めが甘い。
アップダウンの激しいモスは1ミスで大抵終わっちゃうしね。

ちなみに、シルバーストンもやったけど、ジムクラークの爆笑コントが見れただけで、
スタートがなかなかうまく行かなくてやめました。

実は、最近、完全固定式ペダル支持パーツ「足元くん1号」が寿命で亡くなったので、
着脱式半固定型高剛性ペダル固定ユニット「足元くん2号」を新たに製作しました。
今回の新商品の特徴は、
1号に見られた剛性の少なさと遊びが大きすぎるという欠点を改善すべく、
基本骨格構造と各部品の素材を見なおし、従来のダンボールによる支持部分に
割り箸によるトラス構造の骨格を組み合わせる事によって軽量ながら高剛性を維持し、
さらにペダル部分を完全に固定することなく安定した踏み心地を得るために、
ペダル部分と支持部分の間に爪を設ける事によりちょめちょめちょめ・・・

しかし、新商品なだけに問題も多く(むしろ問題のほうが多い)、
走行中に突然ペダルが外れてブレーキが利かなくなるなど、
改善点は山積みだ。

てゆうか、よく考えれば軽量である必要は全くないし、
むしろ軽すぎる事が不安定な一番の原因だと思う。

誰に言ってんだ・・?

結局今のところレースではおなじみ?のテープによる補強がメインになっています。

※今は「足元くん3号」になりました。
根本的に設置場所から見直したため、
走行中にペダルがずれるといったトラブルは皆無になりました。
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年10月06日

優勝記念セール!!

today2001-10-06.jpg

ついに念願の初優勝を遂げる事が出来まして・・・
これでやっと心置きなく眠れるというわけです。
ま、姑息なやり方でだけど・・・

そうそう、日本最大の総合レースゲーム情報サイトのYELLOWGARAGEに、
先々週ぐらいから遂にGPLのコンテンツが登場しましたね。
しかも、その情報量の多さときたら、こんなに短期間でよくここまで・・て感じです。

なんでも、GT-FORCEの発売などによって新しくGPLなどをやりだす人が増えたので、
そう言う迷えるGPL初心者の人達のために新設されたそうです。
・・って、俺のことじゃないか。(笑)

でも、コースやツールを探す手間が省けるのは非常にありがたいです。
今まで無い頭で必至に英語を解読しては行き詰まる日々だったので・・
あとは、誰かがGPLEAのコースの作り方マニュアルを日本語に訳してくれれば・・・(笑)

それで、昨日改めてゆっくり拝見していたんですけど、
GPLに登場する伝説のドライバー達の情報は結構見てて面白かったです。
しかし、その半数近くが30〜40代で命を落としてることにもびっくりです。

で勝手に考えてみたんですが、その時代のF1というのは、
スポーツというよりは、闘牛や闘鶏みたいなものや、もしくは
昔のコロッセオ(闘技場)のような雰囲気を持っていたのかもしれないなぁ・・なんて。
ただ、闘うのが人間同士ではなくマシンやコンマ1秒との戦いだったわけで。
一瞬のミスが、1本のネジの緩みが、死と隣り合わせの世界だったんだな〜とね。

ま、闘牛をスポーツと取るかどうか?牛追い祭りを祭りと取るかどうか?という感じ。
なに言ってるかわかんない?
そもそも闘牛はスポーツじゃないのか?ま、詳しい事はよく分からんけど。


とにかくね、ゆーしょーだゆーしょーだ。という事なんですよ。(謎)

※浅い歴史です。それでももう随分過去の事
対AI初優勝のコースはゾリチュードだったかと。
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年09月28日

AIの七不思議

CROFTを走っていて気づいた事があります。
いや、前から薄々気づいてはいたんだが・・・
どうやらAIは走る毎にどんどん速くなっていくようです。

誰かが好タイムを出すと、また別の誰かがさらに速いタイムを出してきます。
それがAI同士での事なら、あまりタイム差が無いのでかまわないんですが、

CROFTでは俺がはじめた頃のAIの予選タイムは1分12秒〜14秒だったのに、
最近全車10〜11秒台に入ってきます。
はじめは流し運転で11秒台を出せばポールをとれていたのに、
最近はちょっとがんばって9秒台を出さないとポール獲得が難しくなってしまいました。

これは俺がずっと望んでいた理想のゲームシステムなんですが、
さすがにこのゲームの難易度でこれをやられるとうれしい反面キツイ部分も・・
でも、ほんとに3年前にこのゲームに知り合っていたら、俺の人生変わってたかも・・
と思えるくらいずっと思い描いていた理想に近いゲームですね、GPLって。
改めて惚れ直した今日この頃。

※これ、いまだにどこにそういう項目があるのか分かってないけど、
AIの平均タイムがどんどん上がっていくのは確かに事実なので、
なにかそういうパラメータがあるんだと思う。
Track.iniの中の全体的なAIの速さの項目、
(名前なんだっけ?)あの値が少しずつ変わってるのかな?
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年09月08日

昔の覚書

今日は一枚絵はお休みです。
なぜかというと、他のコンテンツの更新が忙しくて間に合わんかったのだ。

ま、たまには文章だけの閑散としたトップでも良いでしょう。

それはそうと、AIの速さの差が気になってる人いません?
そう。前から気になってたのは他でもなくEBITなのです。
一番早い車と一番遅い車の差がありすぎる。どうにかならんものか?
そこで、多分ドライバー個々の設定だと思われる、
Driver.iniをいじってみる事にしたのです。

このファイル、前にも一度開いたことがあったのですが、
何せ項目が多すぎてわけ分からなくてすぐ閉じてしまいました。

でも、もっかいよく見てみると、確かに項目は多いが、
全体的な速さを決めているのはどうやらたったひとつの項目だけだという事が、
だんだん読めてきました。なぜなら、その値だけが
上位から下位に行くにつれてだんだん大きくなってるから。
その項目は、groval_hype_scalingというやつです。
最上位のJim Crarkは0.05でしたが、下に行くにつれてだんだん値が増えていって、
最下位のドライバーは1.00になっていました。

そこで、だめもとでこの値を調整してみることに。
上位6台くらいはまあいいとして、そっから下のドライバーの値を、
最低で0.20くらいになるように設定しなおして、GPLを起動してみると・・・
おおっ!なんと各ドライバー間のタイム差が劇的に縮まったじゃありませんか!
これでスタート直後に前が遅くて困る事が少なくなりました。
しかも、この値を変更しても他の値を変えなければ、
ドライバー毎の個性が失われる事は多分ありません。

GPLやっておられる方でAIのタイム差が気になる方は一度お試しあれ。
って、英語さえ読めればそんな苦労しなくても調整出来るんだろうけど・・・
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年08月29日

ついにやったよおかーちゃん!!(^○^)

today2001-08-29.jpg

わかります?最前列の向かって一番右端、カーナンバーは4!
赤いボディに青いヘルメット!
そう!ついに念願の初ポール獲得です!!
まさかシルバーストンで初ポールを獲ることになるとは思っても見ませんでした。
タイムは1分30秒80。
でもまだまだ縮められそうな勢いです。
ついに・・・ついにコースレコードの欄にEBITの文字が刻まれるときが来たんです!

このコースは一度完走してからというものの、
ここ最近はぜんぜん走ってなかったんですが、
昨日キャラミを走って大幅タイムアップでちょっと自信がついたので、
久しぶりに走ってみることにしました。

セッティングもずいぶん前に作ったやつだったので、
サスの硬さやクラッチ(デフ?)をちょっといぢり直して、
昨日学んだギヤチェンジを応用して走ってみました。

すると驚いたことに、今まで1分35秒台が精一杯だったのに、
アタック1周目に既に32秒台をマークしているではありませんか、
そのまま5〜6週走って、ポールのタイムが出たので気が緩んで
お決まりのようにコースアウトしてピットに戻ってきたんですが、
今考えても信じられないです。
AIのトップと争えるようになるのはまだ数ヶ月先かな・・
と思っていたんで。

たしかにいろんなコースで修行を積んだので、
自分の操作のテクニック自体も多少は上手くなってるはずですが、
こんなにタイムアップしてるとは思っても見ませんでした。

・・・てさっきからおんなじ事ばかり言ってる?
だってほんとにびっくりしたんだもん。

あ、ちなみにその後レースのほうはどうなったかって?
スタートで緊張しすぎて横の車にぶつかって、
1コーナーまでに終わりましたとさ・・・
いやいや、ポール取れただけで満足です。
(絶対解雇されるなこいつ・・)
posted by ebit at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする