2001年10月06日

優勝記念セール!!

today2001-10-06.jpg

ついに念願の初優勝を遂げる事が出来まして・・・
これでやっと心置きなく眠れるというわけです。
ま、姑息なやり方でだけど・・・

そうそう、日本最大の総合レースゲーム情報サイトのYELLOWGARAGEに、
先々週ぐらいから遂にGPLのコンテンツが登場しましたね。
しかも、その情報量の多さときたら、こんなに短期間でよくここまで・・て感じです。

なんでも、GT-FORCEの発売などによって新しくGPLなどをやりだす人が増えたので、
そう言う迷えるGPL初心者の人達のために新設されたそうです。
・・って、俺のことじゃないか。(笑)

でも、コースやツールを探す手間が省けるのは非常にありがたいです。
今まで無い頭で必至に英語を解読しては行き詰まる日々だったので・・
あとは、誰かがGPLEAのコースの作り方マニュアルを日本語に訳してくれれば・・・(笑)

それで、昨日改めてゆっくり拝見していたんですけど、
GPLに登場する伝説のドライバー達の情報は結構見てて面白かったです。
しかし、その半数近くが30〜40代で命を落としてることにもびっくりです。

で勝手に考えてみたんですが、その時代のF1というのは、
スポーツというよりは、闘牛や闘鶏みたいなものや、もしくは
昔のコロッセオ(闘技場)のような雰囲気を持っていたのかもしれないなぁ・・なんて。
ただ、闘うのが人間同士ではなくマシンやコンマ1秒との戦いだったわけで。
一瞬のミスが、1本のネジの緩みが、死と隣り合わせの世界だったんだな〜とね。

ま、闘牛をスポーツと取るかどうか?牛追い祭りを祭りと取るかどうか?という感じ。
なに言ってるかわかんない?
そもそも闘牛はスポーツじゃないのか?ま、詳しい事はよく分からんけど。


とにかくね、ゆーしょーだゆーしょーだ。という事なんですよ。(謎)

※浅い歴史です。それでももう随分過去の事
対AI初優勝のコースはゾリチュードだったかと。
posted by ebit at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6293717

この記事へのトラックバック