2001年09月08日

昔の覚書

今日は一枚絵はお休みです。
なぜかというと、他のコンテンツの更新が忙しくて間に合わんかったのだ。

ま、たまには文章だけの閑散としたトップでも良いでしょう。

それはそうと、AIの速さの差が気になってる人いません?
そう。前から気になってたのは他でもなくEBITなのです。
一番早い車と一番遅い車の差がありすぎる。どうにかならんものか?
そこで、多分ドライバー個々の設定だと思われる、
Driver.iniをいじってみる事にしたのです。

このファイル、前にも一度開いたことがあったのですが、
何せ項目が多すぎてわけ分からなくてすぐ閉じてしまいました。

でも、もっかいよく見てみると、確かに項目は多いが、
全体的な速さを決めているのはどうやらたったひとつの項目だけだという事が、
だんだん読めてきました。なぜなら、その値だけが
上位から下位に行くにつれてだんだん大きくなってるから。
その項目は、groval_hype_scalingというやつです。
最上位のJim Crarkは0.05でしたが、下に行くにつれてだんだん値が増えていって、
最下位のドライバーは1.00になっていました。

そこで、だめもとでこの値を調整してみることに。
上位6台くらいはまあいいとして、そっから下のドライバーの値を、
最低で0.20くらいになるように設定しなおして、GPLを起動してみると・・・
おおっ!なんと各ドライバー間のタイム差が劇的に縮まったじゃありませんか!
これでスタート直後に前が遅くて困る事が少なくなりました。
しかも、この値を変更しても他の値を変えなければ、
ドライバー毎の個性が失われる事は多分ありません。

GPLやっておられる方でAIのタイム差が気になる方は一度お試しあれ。
って、英語さえ読めればそんな苦労しなくても調整出来るんだろうけど・・・
posted by ebit at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6293560

この記事へのトラックバック