2005年05月29日

FFB設定

昨日久しぶりにGPLIPに行って,
GTFP+WM4.60使用時のFFBについて
Tomonoさんとかにいろいろ話を聞いたので,
またいじってみました.
で今のところはこんな感じに落ち着きました.

[ Joy ]
allow_force_feedback = 1
force_feedback_damping = 200.000000
force_feedback_latency = 0.050000
max_steering_torque = 160.000000

また,プロファイラ側でGPL用にSpecificSettingを設定しています.
gpl460setup.jpg
こんな感じ.

GPL側の設定だけでダンパーエフェクトの強度が上手く変えられればいいんですが,
どんなに数値を変えても常にハンドルが重い状態から抜け出せません.
そこで苦肉の策?としてプロファイラ側でダンパーエフェクトを絞ってます.
これにより,グリップがあるときはそこそこ重く,
滑った瞬間にフォースもある程度スコっと抜ける感じになりました.
これは,どちらかと言うと4.50以前の感覚に近づけたセッティングです.
常に重いのがお好みの方は,ダンパーの数値は絞らなくて良いと思います.
思うに,4.60は従来のドライバと比べて,
デフォルトでダンパーエフェクトが強くなっているような気がします.
posted by ebit at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Grand Prix Legends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3990608

この記事へのトラックバック