2017年08月17日

マルチモニターで動作するゲーム一覧

自分の持っているゲームで、
マルチモニターで問題なく動作するゲームと、
上手く動かないゲームの一覧をちまちまと作っていたのだが、
こちらのサイト:widescreen gaming forum
上手く動かないと思っていたゲームの殆どが
一手間加えることで問題なく動作可能な事が分かった。
インターネットの力ってすばらしい。
自分も日本語の情報源の一つとして微力でも力になれれば・・
ちなみに、自分のグラボはNvidiaなので、
当然ながらNvidia surround機能を使ってます。
posted by ebit at 21:47| Comment(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

3画面マルチモニター化

ついに10年来の念願だった3画面マルチモニターを導入した。
真ん中の画面は、前から使っていたEIZO FORIS FS2434。
同じものを+2枚追加するにはコストが高いので、
両サイドの画面はコスパ重視のIODATA EX-LD2381DB×2枚。
3画面化にあたってグラボもGTX1080に更新した。
今まで積んでたGTX670と同じParit製のこちらにした。
またゲーム動作確認結果などちょくちょくアップしていく。
posted by ebit at 17:14| Comment(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

スマホアプリから投稿

スマホアプリからの投稿テスト
写真もテストなので
記事の中身とは関係ない。
20170730234220497.jpg
最近スマホではgoogleのGODANキーボードで
タイプする練習をしている。
書いてて思ったけど、タッチパネルの場合
そもそもタイプって言わないのかな?
ここまで書いて早くも親指攣りそう。
慣れれば速くなるかな?GODAN打ち。
  • 20170730233942286.jpg
posted by ebit at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

シルバニアファミリーの遊び場 その5

○塗装
シルバニア置き台15 ステイン塗装.jpg
塗装には水性ステインと水性ウレタンニスを使用。
シルバニア置き台16 ステイン塗装(底面).jpg
ステイン2回、ニス2回の4回塗りにした。
最後のニス塗りの前に400番ペーパーで少しだけ研磨。
今回初めて2×材を使ったんだけど、
木目や節模様が荒々しく、塗装映えして好みだなあと思った。

○仕上げ
吸着タイルマット.jpg
天板を芝生風にするために吸着タイルマットを使った。
裏面に粘着性があって貼り直しが出来る。
隙間なく並べるのに貼り直し出来るのは便利。

○完成
シルバニア置き台17 完成.jpg
シルバニア置き台18 完成2.jpg
こんな感じ。
子供もとても上手に小物を並べて遊べるようになりました。
posted by ebit at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

DiRT Rally ラリークロスプレイ動画


ラリークロスのプレイ動画をUP。
この間作ったハンドブレーキを活用してる。


リアル映像との比較。
Petter Solbergのオンボード映像を見てると
結構ハンドブレーキ引いてるなーと思って、
最近は自分も積極的にハンドブレーキ使ってる。
ラベル:DIRT Rally
posted by ebit at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Dirt Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

シルバニアファミリーの遊び場 その4

○組み立て
シルバニア置き台4 底リブ貼付.jpg
先ずはベニヤの底面に
2分割の縫合せ面兼補強リブとなる板を貼付け。

シルバニア置き台6 側板貼付.jpg
側板はベニヤ側面に木工用ボンドで接着する。
圧着するためには幅600mm以上のハタガネが要る。
が、家にあるのは100均で買った200mmのみ。
自作するか迷った結果、ハタガネを使わず
コーススレッドで固定することにした。

シルバニア置き台5 コーススレッド試し打ち.jpg
ベニヤの側面にφ2.5下穴を明けておいて
コーススレッドを打ち込んでも割れないかテスト。
結果、割れなさそうなのでこの方法に決定。

シルバニア置き台7 ダボ穴.jpg
コーススレッドの頭を隠すため、
8mmのダボ穴を明けておく。

シルバニア置き台8 ベニヤに側板を固定.jpg
コーススレッド打ち込み中。
全部で12ヶ所打った内、1箇所だけ
天板のベニヤが割れてしまった。
たぶん下穴が浅すぎた。
割れたところは位置をずらして打ち直し。

シルバニア置き台9 穴あけ間違い.jpg
その他、ケガキを5mm間違えて
空中に穴を明けてしまったり(笑)、

シルバニア置き台12 天板完成.jpg
ちょこちょこ失敗はあったけど無事に天板部分が完成。

シルバニア置き台13 脚取付.jpg
次に脚を取付け。
こっちは単純に天板の底にボンドで接着するだけにした。

シルバニア置き台11 ダボ埋め.jpg
コーススレッドの頭にはダボを埋めて隠した。

シルバニア置き台10 パイプソーフラット.jpg
ダボの頭を切るのに、このアサリ無しのノコギリを使ってる。

続きはまた今度
posted by ebit at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

シルバニアファミリーの遊び場 その3

○材料図
シルバニア置き台1 材料図1.jpgシルバニア置き台2 材料図2.jpg
ホームセンターで材料を購入し、
あらかじめ紙に書いておいた寸法で切って貰った。
しかし、ここで早くも店員さんへの伝達ミスで1つ目の失敗・・・

2枚目の2×4材、400mmのところに「?」が付いているのが失敗箇所。
「店:丁度400mmがいいんですか?」
「自:いえ、6枚きっちり寸法が揃ってれば(多少)違ってもいいです」
「店:じゃあ、この400mmは「?」ということかな・・」
で、家に帰った後寸法測ってみたら、450mmくらいで作ってくれてました・・
なるほど、910mmを丁度半分に切って、寸法揃えてくれたのね。
計画より50mmほど背の高い置き台になっちゃうけど、ま、いっか。

○材料
シルバニア置き台3 材料.jpg
とにかく、材料は揃ったので、早速製作開始。
続きはまた今度。
posted by ebit at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

シルバニアファミリーの遊び場 その2

○設計
シルバニア置き台 単体.jpg
設計という程のもんでもないけど、
材料取りのためのモデルを書いてみた。
モデル作成にはSketchupを使っている。
シルバニア置き台 全体.jpg
実際の寸法感を確認するために、
自宅モデルにはめ込む。
自宅モデルは家を建てる時に作ったもの。
家具の置き場所とかのイメージ作りに重宝している。
○材料
・天板 ベニヤ 500*600*t9 2枚
・縁  1×4材
・脚  2×4材

拡張性を持たせるため、2分割にしてボルト締結する予定。
繋ぎ目がうまい事いくかちょと心配。
鉋か丸鋸があれば真っ直ぐに仕上がるのだろうか?
持ってないし使ったこともないので分からん。
木工やってて、板の合わせ目同士が
真っ直ぐにならないのはいつも悩みどころ。
posted by ebit at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

シルバニアファミリーの遊び場

シルバニア家族が増えてきたので
遊び場を作ってやろうと言うことで構想開始。

○コンセプト
・長さは半畳程度。

・奥行きは子供でも届きやすいよう
 60cm程度。

・高さは子供が椅子に座ってちょうどいいくらいの
 40cm程度。

・将来2階の子供部屋に移動するため、
 分解して階段を持ち運び可能な大きさにする。

・将来おうちが増えたときのために
 拡張性を持たせておく。

・子供が上に乗っても壊れない程度の強度。

・小物アイテムが床に落ちたり挟まったりしないよう
 天板には隙間が無い事。

・天板は緑色にしたい。

・小物を落とさないよう天板には縁を付ける。
 (強烈な小物だと1mm幅くらいのもある)

・いちいち小物を片付けずに出しっぱなしに出来る。
posted by ebit at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

DiRT Rallyのハンコン設定 その3

また少しだけFFB設定変えた。
もう少し路面のアンジュレーションが感じられるといいんだけどなあ・・
Walesとかの起伏の激しい路面でもう少し踏めるのか踏めないのか分かりにくい。
RBRのFFBはその辺りが分かりやすいよね。

あと、コドライバーの声が聞こえづらいので
音量の設定も少し変えた。

1.使用しているコントローラ:Logitech GT Force Pro
 http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/driving-force-pro

2.Logicool Profiler: ver5.10.127

3.Logitechプロファイラ設定
最近のゲームのプロファイラ設定.jpg

4.ADVANCED WHEEL OPTIONS
20170702Advanced.jpg

5.VIBRATION & FEEDBACK
20170708 dirt rally feedback.jpg

6.Audio setting
20170702Audio.jpg
posted by ebit at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Dirt Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする