2017年10月11日

3画面環境(Nvidia Surround)でのゲーム動作確認状況

自環境で動作確認済みのゲーム一覧。随時更新していく。
2017.10.11 更新
・Stalker Clear Sky Shoker modの動作を確認


自環境のPC構成


CPU: Intel core i5 3570k
M/B: ASUS P8Z77-V
MEM: DDR3-1600(1333だったかも?) 8GB
GPU: Geforce GTX1080 8GB
サウンド :M/B付属の蟹チップ
モニター(中央):EIZO FORIS FS2434
モニター(両サイド):I-O DATA EX-LD2381DB × 2
OS:Windows7 Professional 64bit


上手く動作したゲーム


DiRT Rally (ネイティブ対応)


Project Cars(ネイティブ対応)


Assetto Corsa(ネイティブ対応)


Race07(ネイティブ対応)


FarCry3

Flawless Widescreen使用


TES V Skyrim

Flawless Widescreen使用


TES V Skyrim special edition

nexusから3画面対応用のmod導入


The Vanishing of Ethan Carter Redux

Flawless Widescreen使用


Alan Wake(ネイティブ対応)


Alan Wake's American Nightmare(ネイティブ対応)


Hellblade: Senua's Sacrifice

ゲーム内オプションでWindowed Fullscreenモード なら3画面可能。フルスクリーンでは強制的に1920*1080になってしまう。一旦ウィンドウモードにしたら元に戻る。Windowed Fullscreenモード だとテアリングは出てしまう。


Brothers -A Tale of Two Sons

ネイティブ状態ではFOVが狭すぎてゲームし難い。WSGFのサイトに記載の通りFOV変更キーバインドを設定すれば解決する。


Mount & Blade Warband(ネイティブ対応)


S.T.A.L.K.E.R.(STALKER) Clear Sky Shoker mod

動作OKだがインターフェース画面が横長になってしまう。遊べないことはない。ゲームデータ(uiフォルダ辺り)を弄れば直りそうだけどまだ未調整。


上手く動作しないゲーム


Tom Clancy's Splinter Cell Blacklist

一瞬3画面にはなったが、一旦shift+tabでゲーム画面から抜けるとFHDに戻ってしまった。WSGFに対策法の記載があるがまだ試していない。


L.A. Noire

Flawless Widescreenを使っても1画面しか映らない。日本語化の影響?


S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha

エラー吐いて起動しない FHDでもテクスチャ読み込み中の画面でフリーズして起動しなくなっていたので、別の原因がありそう。調査中。


S.T.A.L.K.E.R. Clear sky shoker mod

起動後メニュー画面が崩れて解像度変更のオプション画面にたどり着けない。WSGFにバニラのClear skyについての対策法の記載があるがまだ試していない。 一旦FHDで起動してから、再度surroundに戻したら5760×1080で動きました。


Operation Flashpoint Dragon Rising

オプションで解像度1280×1080以上が選べない。WSGFのサイトにあった情報通り、hardware_settings_config.xmlを直接書き換えてみたけど、ゲームを起動すると800×600に戻ってしまう。


Metro2033

Sorroundを有効にすると、真ん中の画面内で横方向だけ1/3に圧縮された縦長のゲーム画面になってしまった。


BioShock remastered

中央のディスプレイにしか映像が出てこない。無印のBioShockはFlawless Widescreenが対応しているようだが、無印版はサウンド相性問題?で自環境ではフリーズしてしまう。

posted by ebit at 22:39 | Comment(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Skyrim SE(Special Edition) Ver1.5.3.0における日本語化の不具合と対策

すでに2chに上がっている情報のコピペだけど・・
2017.10.10赤字部分を追記修正


不具合内容


Skyrim SE(Special Edition)+英語版の日本語化+Ver1.5.3.0環境で起こる不具合。


先日、Survival Modeという新DLC?が追加になり、気づかないうちに本体がver1.5.3.0にアップデートされていた。


ここ数日、鍛冶場の鋳造器具を使うと、いくつかの装備が名前が無い状態になっており、「おかしいな?」と思っていた。3画面化してからSkyrim熱が再燃し、毎日のようにmod動作確認というクエストをこなしていたので、「新しく入れた何かのmodのせいだろう」と思っていた。


たまたま2chを見ていると、同じような現象になっている人がいることが分かった。その他にも、アイテム欄から「ロックピック」が消えている等の症状があるとのこと。早速自環境でも確かめてみたら、確かに「ロックピック」が無い・・


原因


元々は、こちらのサイトの方法で”英語版を日本語化”していたが、今回のアップデートにより、一部のゲームデータが書き換わってしまい、翻訳辞書ファイルとの整合性が取れなくなったようだ。


対策1 Stringsファイルの修正


Ver1.5.3.0にアップデート後の「Data」フォルダ内の「Skyrim - Patch.bsa」をBSA Browserで開き、「Strings」フォルダ内の名前の末尾が「_english」と「_Japanese」のstringsファイルを抽出する。
Stringsフォルダ.jpg


SSETranslatorを使って、末尾「_english」のstringsファイルの自動翻訳をかける。ファイルを読み込む。
SSEtranslator.jpg


SSETranslatorの推測翻訳機能により、整合性が取れなくなったアイテム名等も日本語に翻訳してくれる。
続いて、ツールの「Stringsファイルの翻訳を読み込む」機能を使う事でより正確に翻訳される。この時に読み込む翻訳用ファイルが、Ver1.5.3.0の.bsaから抽出した末尾「_Japanese」のstringsファイル。stringsファイルも比較翻訳.jpg
上の機能を使うことで、追加DLCの機能を除き全ての項目が紫色の「推測翻訳」ではなく、青色の「完全翻訳」の状態になる。stringsファイルの比較翻訳後.jpg


あとは、翻訳して出来た末尾「_japanese」ファイルを、全て末尾「_english」にリネームすれば完成。


SSETranslatorは事前に自動翻訳用の辞書ファイルを作成しておく必要あり。使い方は、同じくこちらのサイトに詳しく解説されていました。


※この方法で翻訳すると、種族の「インペリアル」が「帝国」になっていました。(笑) ←翻訳方法変えたのでたぶん直ってる。まだ確認中。


対策2 Translate_english.txtの修正


Ver1.5.3.0にアップデート後の「Data」フォルダ内の「Skyrim - Patch.bsa」をBSA Browserで開き、「Interface」フォルダ内の「Translate_english.txt」ファイルを抽出する。


SSETranslatorを使って、抽出した「Translate_english.txt」ファイルを開く。
SSEtranslator Tlanslateテキストを開く.jpg


自動翻訳の時点では、結構真っ赤(対訳文が見つからない状態)が多い。そのままゲームを起動してみると、メニュー画面の多くが英語のままになってしまった。
Translateファイルそのままだと結構真っ赤.jpg


そこで、SSETranslatorの「ツール」「MCM/Translateテキストを開く(比較)」を選択し、日本語版から抜き出した「Translate_japanese.txt」を開く。
Translateファイルを比較.jpg


開く時のオプションは、「確認済みの文字列を除く」で良いと思う。 ←たぶん「全て上書き」のほうが良い。
確認済みの文字列を除く.jpg


すると、真っ赤だった対訳表がかなり紫に変わって日本語訳される。
Translateファイル比較後 結構紫になる.jpg
まだ赤い項目も結構残っているけど、これは追加機能の「Survival mode」で使用する機能だと思う。


この状態でゲームを起動してみたが、ざっと見た感じ「スキル」の「破壊」の説明文のみ英語だったけど、その他はほぼ日本語化されていて、ゲームプレイに支障なさそう。

posted by ebit at 23:49 | Comment(0) | Skyrim Special Edition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

記事タイトルが意図通りに反映されない。(一部解決)

経緯と問題点


記事タイトルの左側にボーダを入れたいなと思って、CSSを書き換えた。


そしたら、ボーダが2重に表示されてしまった。また、タイトルのボックス自体がブログの枠からはみ出てしまった。


解決済の問題


ボーダが2重に表示される問題は、CSSを一旦初期状態に戻すことで解決した。結局何が悪かったのか分からない。


次に、タイトルのボックスがブログの枠からはみ出る問題は、以下のコードをCSSに追加することで解決した。
.title{ (の次の行に)
width:475px;
position:relative;
left:10px;


これも、元々はみ出ていなかったはずなのに、初期設定に戻してもはみ出る。何故か分からない・・


調べていく中で分かった事


seesaaブログには、HTML設定項目が2箇所ある?


1.コンテンツ=>各項目の歯車マーク(設定)をクリック=>コンテンツHTML編集をクリック=>HTMLの設定画面
記事HTML設定画面.jpg
コンテンツHTML編集.jpg


2.HTML=>選択中のHTMLテンプレートをクリック=>HTMLの設定画面
HTML編集.jpg


HTML設定が2つある理由は、seesaaブログ公式サイトで詳しく説明されている。


要するに、個別のコンテンツに対して1.をカスタマイズした場合はその設定が優先され、カスタマイズしていないコンテンツに対しては、2.の設定がデフォルトとして適用されると理解した。


seesaaブログには、CSS設定項目が4箇所ある!?


デザイン設定=>選択中のデザインテンプレートをクリック=>CSSの設定画面=>右上に、「トップ、記事、過去ログ、カテゴリ」と4つのリンクが出てくる。
CSS設定画面.jpg


こちらのサイトの情報によると、初期状態では「トップ」のみにCSSが設定されており全ての画面でこのCSS設定が適用される。必要があればその他の3つに個別にCSSが設定だよ、ということみたい。


未解決の問題


記事タイトルが長く、2行になる場合、ブログ枠の左右両端の縦線が切れてしまう。これも修正したいが、今のところ解決法が分からず、まだまだCSS勉強中。


ラベル:BLOG小技
posted by ebit at 22:41 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

DiRT Rallyのハンコン設定 その4

ゲーム内オプションでFFB強度を強めるよりも、Logitechプロファイラ側でいじった方がよりシャープなFFBになる事がわかった。そこで、プロファイラ側でFFB強度を120%にUPした。

1.使用しているコントローラ:Logitech GT Force Pro



2.Logicool Profiler: ver5.10.127


3.Logitechプロファイラ設定


Logitechプロファイラ20170909.jpg


4.ADVANCED WHEEL OPTIONS


20170702Advanced.jpg


5.VIBRATION & FEEDBACK


Dirtrally FFB20170909.jpg


6.Audio setting


20170702Audio.jpg


posted by ebit at 22:52 | Comment(0) | Dirt Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

workflowyの記述をそのままHTMLで出力するChromeアドオン導入

経緯


自分のBlogは何か見づらい。もう少し見た目を良くしたいなあと思っていた。


他人のBlogを見ていて気づいたのだが、見やすいブログには本文中にも適度に見出しや空白が入っていることに気づいた。


少しネットで勉強してみると、ブログで見出しを入れるには、HTMLで記述すればよいという事が分かった。


Blogの下書きはworkflowyで書いているというのは以前書いたが、workflowyの階層構造をそのままBlogに適用出来ないかなと以前から思っていた。


そこで、workflowyから直接Blog向けのHTMLを出力できるツールを導入することにした。


ツールの導入


下のサイトにドンピシャのChromeアドオンがあったので導入した。


https://namaraii.com/workflowy%E3%82%92markdown-html%E3%81%B8%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%81%99%E3%82%8Bchrome%E6%8B%A1%E5%BC%B5-porter-for-workflowy-aad4ba38c902


テスト用文章の作成と確認


今まさにこれを書きながらテストしている。見出しに対して本文があまりに短すぎると、見た目のバランスが悪くなり余計に見づらい事が分かった。


上のリンクの様にURLを直接記述すると、本文の枠内に文字が収まらない。リンクのタイトル?を付けることで回避は可能だけど一手間かかるなあ。要勉強箇所だな。


見出しの余白、フォントサイズ調整


テスト用小見出し


今まで全く使っていなかったので分からなかったが、いざ見出しを付けてみると、フォントサイズや余白の設定が気に入らない部分があったため、急遽ネットでCSSの勉強して設定を変えてみた。今のところ、フォントサイズとpaddingの設定のみ変更してみている。今後さらに勉強しながら、より見やすくなるようちょくちょく設定弄ってみよう。


小見出しと本文の間の余白は少し大きすぎる。次回要修正だな。


seesaaブログではCSSがすぐに反映されない!?


現象


以前ブログデザイン全体を変更した時にも同様の症状になったのだが、デザインを変えても反映されない現象が起こった。以前は、Chromeのキャッシュ全体を削除したらデザインが反映されたが、デザインを変える度にそれを実行するのは非常に面倒だ。


解決策はCtrl+F5CSSをキャッシュさせない


ネットで検索してみたところ、Ctrl+F5を押す事で(ブラウザに残るキャッシュをクリアして?)強制リロードしてCSSの変更が反映出来るという記事があった。早速プレビュー画面を出した状態でCtrl+F5を試してみたところ、無事にデザインが反映された。この方法、ブログ編集画面では効果が無く、プレビュー画面では効果があった。


その後色々調べていくうちに、こちらのサイトに記載のあるように、CSSをブラウザにキャッシュさせないように、CSSのファイル名の後ろにクエリを追加する方法がある事が分かった。ただ、自分のseesaaブログのHTML内にあるCSSファイルの記述が、
<link rel="stylesheet" href="<% css.page_url(page) %>" type="text/css" />
<link rel="stylesheet" href="<% site_info.blog_url %>/css/user-common.css" type="text/css" />
と2つ書いてあったので、どちらにクエリを追加すればよいのか分からない。とりあえず、href=で始まる記述内の最後が.cssで終わってる方に追加すれば良いのかな?と思って、
<link rel="stylesheet" href="<% css.page_url(page) %>" type="text/css" />
<link rel="stylesheet" href="<% site_info.blog_url %>/css/user-common.css?ここにクエリを追加してる" type="text/css" />
上の通りの場所にクエリを追加してみた。ただ、十分なテストをしておらず、その後あまりCSS編集もしていないので、成功してるのか良く分かってない。

ラベル:lifehack WorkFlowy HTML
posted by ebit at 21:57 | Comment(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

マルチモニターで動作するゲーム一覧

自分の持っているゲームで、
マルチモニターで問題なく動作するゲームと、
上手く動かないゲームの一覧をちまちまと作っていたのだが、
こちらのサイト:widescreen gaming forum
上手く動かないと思っていたゲームの殆どが
一手間加えることで問題なく動作可能な事が分かった。
インターネットの力ってすばらしい。
自分も日本語の情報源の一つとして微力でも力になれれば・・
ちなみに、自分のグラボはNvidiaなので、
当然ながらNvidia surround機能を使ってます。
posted by ebit at 21:47 | Comment(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

3画面マルチモニター化

ついに10年来の念願だった3画面マルチモニターを導入した。
真ん中の画面は、前から使っていたEIZO FORIS FS2434。
同じものを+2枚追加するにはコストが高いので、
両サイドの画面はコスパ重視のIODATA EX-LD2381DB×2枚。


3画面化にあたってグラボもGTX1080に更新した。
今まで積んでたGTX670と同じParit製のこちらにした。
またゲーム動作確認結果などちょくちょくアップしていく。


posted by ebit at 17:14 | Comment(0) | Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

スマホアプリから投稿

スマホアプリからの投稿テスト
写真もテストなので
記事の中身とは関係ない。
20170730234220497.jpg
最近スマホではgoogleのGODANキーボードで
タイプする練習をしている。
書いてて思ったけど、タッチパネルの場合
そもそもタイプって言わないのかな?
ここまで書いて早くも親指攣りそう。
慣れれば速くなるかな?GODAN打ち。
  • 20170730233942286.jpg
posted by ebit at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

シルバニアファミリーの遊び場 その5

塗装


シルバニア置き台15 ステイン塗装.jpg

塗装には水性ステインと水性ウレタンニスを使用。


シルバニア置き台16 ステイン塗装(底面).jpg

ステイン2回、ニス2回の4回塗りにした。最後のニス塗りの前に400番ペーパーで少しだけ研磨。今回初めて2×材を使ったんだけど、木目や節模様が荒々しく、塗装映えして好みだなあと思った。



仕上げ


吸着タイルマット.jpg

天板を芝生風にするために吸着タイルマットを使った。裏面に粘着性があって貼り直しが出来る。隙間なく並べるのに貼り直し出来るのは便利。



完成


シルバニア置き台17 完成.jpg
シルバニア置き台18 完成2.jpg

こんな感じ。子供もとても上手に小物を並べて遊べるようになりました。

posted by ebit at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

DiRT Rally ラリークロスプレイ動画

プレイ動画



ラリークロスのプレイ動画をUP。この間作ったハンドブレーキを活用してる。


(比較)Petter Solbergのオンボード動画



リアル映像との比較。
Petter Solbergのオンボード映像を見てると結構ハンドブレーキ引いてるなーと思って、最近は自分も積極的にハンドブレーキ使ってる。

ラベル:DIRT Rally
posted by ebit at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dirt Rally | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする